レーダー(れーだー/Radar)
プレイ画面左下のコンパスモンスターが表示される機能。
特にプレイ中にこの機能についての説明はなく、通称として使われていたが、公式発表でも「レーダー」と称されていることから、正式名称であることが確認された。

シーフ狩人獣使い忍者召喚士青魔道士レベル1から持つ能力だが、ジョブ特性一覧に表示されるわけではないので、厳密には「ジョブ特性」ではない。

忍者レーダーのみ、若干範囲が広く、他ジョブと比べると約1.2倍程度。
最外郭の円周が丁度遠隔攻撃可能なギリギリの距離と重なるため/などは攻撃の可否が見分けやすく便利。

サポ忍にすることが多く持っていることの多い前衛と異なり、後衛召喚士以外は自前でレーダーを有していない。効果時間が固定の忍術と異なり不定のインスニの影響もあり、意外と絡まれやすいのは後衛であったりする。また、ソロにおいては前衛サポ白を筆頭にレーダーのないサポートジョブにすることも多く、普段レーダーに頼れば頼るほど注意が必要である。

なお、広域表示の状態であっても、アクティブかつ視覚感知の広い敵であればレーダーに映るぐらいの位置まで接近されると絡まれる可能性が高い。

戦闘中はこのレーダーが表示されず、不便であるという声を受けてか、2011年5月10日のバージョンアップではアナログコントローラの△ボタンまたはテンキーの「+」キーを押し、ログウィンドウターゲットが移ると、アクティブコマンドウィンドウが非表示になり、レーダーを確認できるようになった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。