パンデミックニップ(ぱんでみっくにっぷ/Pandemic Nip)
ナット族が使う特殊技のひとつ。
物理ダメージと共に、自身にかかっている全ての状態異常を対象者に移す技。
同時にナットにかかっていた状態異常は全て消える。ある意味、コリブリのオウム返しよりタチが悪いといえよう。

対象となる状態異常は、スロウパライズといった弱体魔法をはじめ、スリップ魔法呪歌ステップ効果、挙句は弱体ボルトWS追加効果など、事前にナットに与えた状態異常全てに及ぶ。
特にサイレス静寂追加効果を持つWS、強烈なスリップ効果を持つ計略は、盾役を窮地に追い込むことになるため、ナットと対峙する際はそれら弱体効果のある物は極力控えたほうがよい。
ただし、単体単発技の為、分身が1枚あれば回避可能。その場合においてもナット族にかかっていた弱体効果は全て消える。

カンパニエバトルにおいては、他の大勢のPC達、またはNPCが様々な弱体魔法WSを使う可能性が高く、運悪くこれ貰ってしまった場合には凄まじい量のアイコンが一気に表示されることになる。
またその際は、普段コンフリクトでしかお目にかかれない珍しいアイコン*1を見ることができるかもしれない。

一部のナット族NMは、「エメティックディスチャージ」というこの技を範囲化した特殊技を使ってくる。

なお、パンデミック(pandemic)とは「(病気が)世界的に流行している、感染爆発」などの意味*2で、ニップ(nip)が「~をはさむ、(軽く)歯で噛む」という意味。
自身が感染した状態異常を他人に擦り付ける、文字通り凶悪な技である。

関連項目

ナット族】【コリブリ
*1
デイズステップ効果など
*2
この言葉については、2009年の新型インフルエンザ流行で耳に挟んだ人も多いかもしれない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。