メリファト山地〔S〕(めりふぁとさんち・えす/Meriphataud Mountains [S])
この項目の本来の英名はMeriphataud Mountains [S]です。wikiの技術的制限から大括弧が全角になっています。

アラゴーニュ戦線リージョンに属するアルタナエリアの一つ。エリア略称はMeriMount_S。

MeriphataudMountains_S_Area1.jpg MeriphataudMountains_S_Area2.jpg MeriphataudMountains_S_Area3.jpg

エリア解説

ミンダルシア大陸の中央付近に位置している山岳地帯。地形構造や視覚的には現代と大差ないため、初めて訪れた冒険者は違和感なく移動することができるであろう*1
ヤグード族の拠点であるオズトロヤ城があるエリアのためか、高レベルのヤグード族が常に徘徊している。中にはYagudo High Priestの姿も見えるが、通常モンスターであり見破りは有さない。

現代におけるタロンギ大峡谷への道は途絶えており、サルタバルタに抜けるにはカルゴナルゴ城砦〔S〕を通過しなければならない。城砦へはエリア西側の岩壁に3ヶ所、現代でWaraxe Beakの出現した南東のすり鉢状の窪みの奥に1ヶ所の入り口があるが、南東のものは城砦内で段差に阻まれ先へ進めない。また、聖地ジ・タへの道は岩で防がれているため通行できなくなっている。
またD-7の岩山を現代には存在しない洞窟が貫いており、南北の行き来が少しだけ便利になっている。

モンスターは現代でも見られるもののほかにナットラフレシア・黄色の縞を持つサソリ族亜種スコロペンドリドクァール亜種であるリンクスが生息している。ここのリンクスソロムグ原野〔S〕よりレベルが高いので注意が必要。
現代におけるアウトポスト付近は、カンパニエバトルの拠点となっている。

2008年3月11日のバージョンアップにてI-8にメリファのテレポイントが設けられた。このテレポイント白魔法リコールメリファを受けた際の転送先となる。ドロガロガの背骨の真下、切り立った断崖に架けられた階段の上であり、現在世界の同じ場所では南北の行き来ができないが、過去ではここを通り抜けることができる。

2010年12月7日のバージョンアップで、一部のモンスターの配置およびレベルが変更された。
新配置モンスターとして、Lv90台の死鳥族が(F-10)付近に配置されている。ノンアクなので、いきなり絡まれたりはしないが、同地点で別モンスターを狩る際には、範囲攻撃の巻き込みには注意。

ノートリアスモンスター

名称種族主な戦利品備考
Bloodlapperナット族ヴィシャスマフラトリガーNM
Centipedal Centruroidesサソリ族
スコロペンドリド
リュフトタバール抽選ポップ
Hemodrosophilaナット族アテッシュポール抽選ポップ
Muq Shabeelクァール族
リンクス
フェストアプタント
ヘリアンアプタント
時間ポップ
Sandwormサンドウォーム族
Akuparaアダマンタス族
フェロマンタス
ストリンガーDX
スクータケープ
アクパラの甲羅
ヴォイドウォーカー

カンパニエ関連は除いている。【ヤグード教団軍】【闇の王親衛隊】を参照のこと。

地図

だいじなものウィンダス周辺地図」に収録されている。
各地の地図販売NPCから200ギルで購入できる。

隣接エリア

関連項目

アルタナエリア】【カンパニエ
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ドロガロガの背骨も見える。但し天候によるエフェクトは現代のそれと若干異なる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。