オズトロヤ城〔S〕(おずとろやじょう・えす/Oztroja Castle [S])
この項目の本来の英名はOztroja Castle [S]です。wikiの技術的制限から大括弧が全角になっています。

アラゴーニュ戦線リージョンに属するアルタナエリアの一つ。エリア略称はOztroja_S。

エリア解説

ヤグード教団軍の本拠地である。

現代のオズトロヤ城におけるG-8~H-8の1階から眺めることが出来るトーチは、過去世界では移動可能な高台であったことが伺える。また、現代の中庭にある鳥の巣のような塔は過去では拠点となっており、2階から通路を伝って移動可能になっている。この他、所々に獣人軍共通のマークが描かれた盾のようなもの、衝立のようなものを見ることが出来るが、地形的に大幅な差はなく、基本的に現代と同じ道順で最深層まで移動できるようになっている。

OztrojaCastle_S_Area1.jpg OztrojaCastle_S_Area2.jpg OztrojaCastle_S_Area3.jpg

カンパニエNPCは、オズトロヤ城〔S〕に入ってすぐ左に滞在している。戦闘地域は、最初のマップから南の外に出た池である*1戦闘地域から入り口まで非常に遠く、また周囲にプギル族リンクス族まで徘徊しているため、カンパニエとしては人気が低いエリアである。
しかし即身成神討伐が受注可能になると人がごった返しになるという両極端な面もある。

入り口辺りから側近のYagudo High Priestが多数徘徊しており、更に奥へ進むと、レベル75のプレイヤーでもとてとての強さのヤグードが多数徘徊している。
レベル90であればたまに丁度がいるがほとんどは楽な相手だ表示なのでソロ、ないし小人数での殲滅はたやすい。

隠し部屋の上下レバーは現在と同じく健在しているが、王の広場への道を開く暗号入力装置は動作しておらず、自由に侵入することはできない。王の広場はバトルフィールドになっており、条件を満たすことで突入できる。

このエリアを使用する戦闘バトルフィールド

現代における暗号入力装置の場所にはCollapsing Floorがあり、バトルフィールドへの突入口となっている。このバトルフィールドで行われる戦闘は以下の通り。

区分名称備考
将領BF不滅の邪神ハバロの詩(8種)が必要。
18人制限、制限時間30分。
クエスト壊乱、オズトロヤ城歌詠みの竹鍵が全員分必要。
6人制限、制限時間30分。
魂の果て歌詠みの竹鍵が全員分必要。
6人制限、制限時間30分。
カンパニエops即身成神討伐(連邦軍)シシュの念珠が全員分必要。
6人制限、制限時間30分。

ノートリアスモンスター

名称種族主な戦利品備考
Aa Xalmo the Savageヤグード族デアグラチア抽選ポップ
Duu Masa the Onecutヤグード族那羅延天の数珠抽選ポップ
Zhuu Buxu the Silentヤグード族サンゴマラッパ抽選ポップ
Dee Zelko the Esotericヤグード族グランジャーグレナディアベルト竹の草籠将領NM
Marquis Forneusデーモン族フォシューズシャークストラップ竹の薬籠
Loo Kutto the Pensiveヤグード族百足丸スカーミッシリング竹の虫籠
Fleshgnasherナット族バジリスクカラヤーケープ竹の花籠
Vee Ladu the Tittererヤグード族薬研藤四郎ハーピーシールド竹の鳥籠
Maa Illmu the Bestowerヤグード族クルアダンクリアーパス竹の炭籠
Asterionタウルス族アラストールベディヴィアホーズ竹の茶籠
Suu Xicu the Cantabileヤグード族シルクトーンフェイルノート竹の蛇籠
カンパニエ関連は除いている。【ヤグード教団軍】【闇の王親衛隊】を参照のこと。

地図

だいじなものオズトロヤ城地図」に収録。各地の地図販売NPCが3000ギルで販売している。
現代の地図を持っていればそのまま使用できるので、新たに入手する必要は無い。

マップには番号がつけられており、メニューの「マップ」>「他のエリア」で確認できる。現代と異なり、地下マップ(現代のマップ[1])が存在しないため、それ以外のマップの数字が1つずつずれている(後述)。


祭壇の間に繋がる地下区画は、北西の中庭2Fの地下区画入口が封鎖されているため、侵入することができない。1Fから落とし穴を落ちた先の地下(現代だとマップ[1]南東の通路に相当)は、入口マップ(現代だと[2]、過去だと[1])に組み込まれている。

隣接エリア

メリファト山地〔S〕

関連項目

アルタナエリア
Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
現代で、風魔の脚絆ドロップするQuu Domi the Gallantが出現する場所。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。