「何もできない」だなんて言わせない(なにもできないだなんていわせない/Puppetmaster Blues)
からくり士AF入手連続クエストの第3弾。2006年7月25日のバージョンアップで追加された。

依頼者は、アトルガン白門礼拝場(K-9)にいるイルキワラキ(Iruki-Waraki)
答えを失ってしまったイルキワラキ
イルキワラキの師匠ならば
答えを出せるかもしれない。

AF入手クエストとしてはここで終わりだが、限界突破クエスト力と覚悟」のオファーを受けるためにはこのクエストクリアする必要がある。また、このクエストオファーを受けることでサブクエストパペトリ装束」を受けられるようになる。

クエスト「何もできない」だなんて言わせないクエスト
キモいから名前で呼ぶな力と覚悟

攻略情報

発生条件は、クエストキモいから名前で呼ぶな」をコンプリート済み、かつからくり士で話しかけること。

  1. アトルガン白門礼拝場(K-9)にいるイルキワラキIruki-Waraki)と話す。
  2. バストゥーク商業区(F-9)のShamarhaanと話してだいじなものバルキーンの記憶板を入手。
  3. ゼオルム火山(L-8)テンキー4で???を調べてだいじなものトグルスイッチを入手。
  4. カダーバの浮沼Home Point #1へとワープをしてタラッカ入り江に向かう。
    HP開通前はナシュモ西門(G-7)→カダーバの浮沼(E-9)→タラッカ入江のルートが近かった。
  5. タラッカ入江に入れば左壁沿いの進んだ先にあるRock SlabからBF戦に突入。
    ※Rock Slabは、入江に入って左壁沿い(W方向)に進んだ後、???のW方向に進んだ先

BF

レベル無制限の6人制限。制限時間30分。フェイスの使用可*1強化TPは持ち越せる。

敵はオートマトン:Valkeng(1体)。戦闘開始時点は汎用フレームだが、PC近接攻撃魔法攻撃遠隔攻撃を受けて、耐性のあるフレームに変形。フレームが変わってもTPは持ち越される。

Valkengは自身の損傷率をアナウンスする毎に、その時点のフレーム性能が向上していく(フレーム変更によりリセット)。また、同系統の攻撃による損傷率が許容値を超えると、その時点のフレームハイパー化し、戦闘能力が大幅に増加する。ハイパー化は同フレームの損傷率報告を一定数経た後だけでなく、短時間の与ダメ(一定数の与TP?)による損傷率超過も起因する模様。ハイパー化を始めると、マニューバのアナウンスが発生する度に徐々にパワーアップしていくが、どうやら一定値以上はアナウンスが出ても強化されなくなるようだ。

正攻法としては、フレーム毎でこちらからの攻撃法を変え、Valkengの損傷率50%台を保ちつつフレーム変更を促すことで、ハイパー化を封じることができる。例えば近接攻撃役(空蝉推奨)と、魔法攻撃役を割り振れば少人数でも攻略が可能となる。

  • コバルトエアリーズ
    最初はこの形状。ちょっとダメージを受けると、すぐ他のモードに変形する。他のモードからこのモードに戻ることはない。




TODO:白兵以外の2形態がどのように強化されるかについて情報を募っています。

BFクリア

撃破後、バストゥーク商業区(F-9)のShamarhaanと話すとイベント。選択肢はどれを選んでもよい。ちなみに、からくり士BFに勝利した前提での質問のため、他ジョブで勝った場合答えに窮してしまうのだが。

次にアトルガン白門(K-9)でIruki-Warakiと話すとナシュモ港へ行くよう言われる。ナシュモ港内(H-9)にいるSajhraと話すとイベントが発生。

最後にアトルガン白門に戻り、Iruki-Warakiに話しかけるとコンプリート

報酬

関連項目

パペトリアタイア】【アーティファクト】【Iruki-Waraki】【パペトリ装束
*1
2016年10月11日のバージョンアップで使用可能になった。
*2
空蝉貫通
*3
もしくはスタン効果をレジスト可能。
*4
戦闘開始直後の与ダメが400~500のとき、倒す直前には与ダメが40~50程度になるぐらいの物理耐性がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。