雄叫び(おたけび/Howl)
オークヤグードクゥダフベヒーモスが使用する特殊技

効果としては戦士ジョブアビリティウォークライ」と同じと思われがちだが、実際は25%(デュナミスの敵の場合は50%)も上昇している。効果時間は短いとはいえ消去できれば消去した方が良いだろう。
これを消去する手段がない低レベルでは、一度雄叫びを使われると驚異的なまでに被ダメが上がるため丁度相手にすら削り負けることがある。
ちなみにモンスターの場合はパーティという概念がほぼ存在しないため*1ウォークライと異なり、範囲内の同族に効果を及ぼす仕様になっている*2
この仕様により、隣のパーティ占有している同族の別個体にまで効果を及ぼすことがある。

この際は、範囲内であれば地形を無視してリンク状態によらず効果を受けるが、効果を受けただけではリンクしてくることはない。また、この特殊技の効果範囲は異常なほど広く、遠隔攻撃が届くぐらいの間合いであれば効果が通るため、戦闘中の冒険者が表示されるログを見て、「知らないうちに詰め寄られているのではないか」とぎょっとする事も少なくないと言われる。

また、ヒーロー召喚で呼び出される獣人ヒーローのGadzraddオーク族)・Da'Vhuクゥダフ族)・Tsoo Hajaヤグード族)も雄叫びを使うが、こちらはそれぞれ攻撃力アップ防御力アップヘイストの効果を持っている。効果の詳細は各項目参照。

なお、一時期、オーク雄叫びを使用すると、ログには「Orcish XXX は、弓の構え」と違った名前が表示されていた時期があった。名前がおかしいだけで効果は同じだったとされるが、軽微な不具合ということもあってか、なかなか修正されなかった*3
*1
フォモル族や、Goblin Freelanceのパーティが例外。
*2
デュナミスの場合は種族石像問わず範囲内の全ての敵に掛かる。
*3
一説には、80年代に大活躍したプロレスラー、ハルク・ホーガンのマッスル・ポージングが由来とも言われている。このポーズは身体を斜めに傾け、開いた両腕の片方を真っ直ぐに、反対側の腕を曲げる、文字通り弓を引く姿に似ている。社会現象にもなったこのポージングから来たのではないか、という分析もされている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。