七つ星のユリィ(ななつぼしのゆりぃ/Dipper Yuly)
獣使いよびだすことのできるペットの一つ。

ヴァーミン類レディバグ族。いわゆる汁ペットである。
油壺を使うことでLv76からよびだすことができ、120分間ペットにできる。

汁ペット初の内部ジョブシーフであり、物理回避率アップ5段階(=回避+60)を持つので回避が高く、特殊技命中率ダウンとの相乗効果も期待できるため、回避盾として運用しやすい。

少人数で活動する際に、獣使いトレジャーハンター要員とアタッカーを兼任できるため非常に有効である。
ペット:回避+ルートのギシャルアクス二刀流回避アートマによる回避盾運用がソロ獣使いスタンダードとなっており、回避特化の踊り子に通じる部分がある。

ただし、HP新汁のなかでも最低クラスであり、魔法を連発する相手には特に脆く、突属性攻撃には+12.5%多くダメージを受けてしまう*1
回避率キャップPCと同じく80%と見られており、もし回避キャップしているようならペット:被物理ダメージ-のギシャルアクスに持ち替えたり、アートマHPが増えるものに変えてみるといいだろう。

かつては油壺素材であるレッサーチゴーの供給が限られていたために単価は汁ペットとしてかなり高い部類だったが、後に同じシーフタイプの忠義のファルコアの追加や、とりわけモグガーデン実装レッサーチゴーの供給が急増したため、価格は最盛期と比べ数分の一と高レベル汁ペットとしてはかなりお手頃な水準にまで下落しており、ナズナ*2に代わるユニクロペットとしての地位を確立しつつあった。

ブーストしても最大レベルは114どまりのため、ペットの強さを要求される場面では使いにくい面もあったが、2014年11月10日のバージョンアップ以降は三つ星のリンを用いるという選択肢も生まれている。

なお、2011年6月29日ヴァナ・ディール国勢調査「人気のよびだしペット」ランキングにて1位のナズナには遠く及ばないものの、3位のシャズラに大差をつけ堂々の2位を取得した。

七つ星のユリィ

性能

ジョブ攻撃属性移動速度レベル上限
シーフ230普通99

 命中攻撃回避防御
IL114762721755642
Lv99467473542409

特殊技

強力すぎると判断されたのか、相手をアムネジア状態にするネペンシアンハム特殊技から削除されている。
野生のレディバグ夜間は弱くなり使う特殊技が減るが、こちらは夜間でも強さは変わらず好きな特殊技を使える。

技名Charge効果備考
サドンランジ1物理攻撃追加効果:スタンTP:ダメージ修正自身のHPを消費
スパイラルスピン1ペット攻撃対象に向かって扇範囲の敵に物理攻撃
追加効果:命中率ダウンTP:追加効果継続時間修正
横に狭く、縦に長い
ノイサムパウダー2ペットの周囲の敵の攻撃力をダウンさせる。TP:追加効果継続時間修正格上への命中率

トレジャーハンター

実装当時(Lv80キャップ時点)ではトレハンIIを持っていた。これについては実装直後からドロップ率の上昇報告があり、のちに松井氏のツイッターでの発言で確定している*3。さらに、レベルキャップの上昇に伴い、Lv90以上でトレジャーハンターIIIもつくようになったため、様々な影響をもたらした。


特に弱点システムの導入されたデュナミス、中でも獣人以外を狙うことで時間帯によりアビリティ弱点に絞り込める新裏は、獣使いに適した仕様であったこともあってソロ活動が盛んになり、大量の旧貨幣が産出されることになった。

この事態に対して2012年2月2日に公式フォーラム→ジョブ間におけるトレジャーハンターの効果についてとして、汁ペットトレジャーハンターを1段階に制約するという方針が発表された*4

歴史

名称について

Dipperは元々はひしゃくという意味だが、和名が「七つ星」であることから、この場合は北斗七星のことと思われる。

おそらくリアル世界のテントウムシの一種である「ナナホシテントウ(七星天道)」と、七つの星である北斗七星を掛けた名称だと思われる。

名前の北斗七星+ユリィは往年の格闘漫画「北斗の拳」のヒロインを彷彿とさせるが、実際この上位版のペットは「三つ星のリン」というこれまた北斗の拳のヒロインの名前になっている。名前についてはテントウムシだけでなく、北斗の拳も意識している可能性は高いだろう。

関連項目

よびだす】【汁ペット】【油壺】【三つ星のリン
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
スタウトサーヴァントと同じ枠で計算される。
*2
ナズナは元々のレベル上限が86と低いために、アイテムレベル装備でのLv100超を前提とした状況下、特にアドゥリンエリアでの運用は厳しいためである。
*3
→2010年8月3日のツイートより。直接の回答ではなく、「トレハンに関して言えば、テントウムシより装備シーフに分が有る」と、遠まわしにトレハン装備なしのシーフ相当(当時のシーフトレハンIIが最高)であることを示唆する発言だった。
*4
開発サイドは「あくまでトレハンの序列の見直しの問題であり、特定のコンテンツを調整するためのものではない」と主張している。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。