新裏(しんうら)
デュナミスエリアのうち、後から実装された以下のエリアの通称。新裏に対して、既存のエリアを「旧裏」と呼ぶこともある。

Diabolos:我が分身ヲ 探セ。
そしテ この夢見し者ヲ 砕くのダ。

名称実装
デュナミス-ブブリム2005/12/13
デュナミス-クフィム
デュナミス-バルクルム
デュナミス-タブナジア2006/02/21

突入条件など仕様についての詳細は、【デュナミス】項、各エリアの詳細はそれぞれの項目を参照のこと。当項目では主に、現在と過去の仕様について述べる

特徴

実装当初は、従来のデュナミス(旧裏)に比べて少人数・短時間・高難度を掲げて設計されていた。2011年9月20日のバージョンアップでは旧裏に引き続いて大幅に仕様が変更され、旧裏と似たような仕様になっている。

内部ではレリックアクセサリレリック装束劣化レリック装束旧貨幣を入手できる。それ以外にもこのエリアでしか手に入らない装備も存在する。

以下では新仕様と旧仕様について別々に解説する。

現仕様(2011年9月20日のバージョンアップ以降)

先だって大幅仕様変更が行われた旧裏と同様の変更が行われている。共通の変更点についてはデュナミス項を参照。

装備系のドロップについては旧仕様に概ね準じている。

旧裏とは次のような違いがある。

突入時にサポートジョブ無効かどうかを選択できる。また、途中でSomnial Threshold調べることでサポートジョブ無効サポートジョブ有効に変更する事ができる(サポートジョブ有効→サポートジョブ無効への変更は不可)。
リニューアルの目玉として、サポートジョブを無効にすることでレリック装束をさらに強化する、所謂AF2+2の素材ドロップする予定ではあったが、2011年9月20日のリニューアル時点では導入が見送られている。
ただし、サポートジョブ制限の選択をすることで白い弱点(100貨幣をドロップするようになる)が突けるようになったため、貨幣狙いの人はサポートジョブ制限を付けて突入することもあるようだ。

獣人モンスター弱点は旧裏と同じだが、生物系モンスター弱点は仕様が異なっている。
詳細については【弱点/デュナミス】項を参照。

また、旧仕様より一部の生物系モンスター種族が除外されたエリアもある。

また、種族設定が特殊なようで、種族限定のアビリティメイジャンの試練エミネンス・レコードが無効となっている*1。おそらく、特定のメイジャンの試練の難易度が下がりすぎることに対応したものと思われる。

2011年9月20日のバージョンアップ以前の仕様

アイテムについて

新仕様になってからもおおむね変化してない。

レリック装束獣人からランダムでドロップする。
レリックアクセサリは生物系モンスター毎にドロップするジョブが決まっている。
打ち直し用の劣化レリック装束も生物系モンスター毎にドロップするジョブが決まっている。

貨幣は「旧裏」と同じく弱点によりドロップ枠が増えるが、旧仕様のトレジャーハンター枠も変わらず残されている。弱点を突かなくても旧仕様と同程度は貨幣を得られる。

全体のドロップ確率は若干よくなっているようだが、弱点システムによる貨幣の増加を排除して旧仕様の裏LSが得ていた各モンスタードロップの成果を殲滅速度の上昇で等倍にしたものと大きく食い違いがない。
装備品の関係についても、いずれもドロップ設定は旧仕様より変っておらず、ドロップする種族であればレリック装束アクセサリ劣化レリック装束ドロップ枠毎にどのジョブも同じ確率でドロップすることが判明している。

関連項目

デュナミス】【デュナミス/ネタバレ】【裏LS】【レリックカスタム】【Hieroglyphics
*1
獣人ペットメイジャンの試練を進められる旧裏とはこの点で異なっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。