Ferreous Coffin(ふぇりあすこふぃん)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

クリックで拡大
2008年9月9日のバージョンアップにて追加された、カンパニエゲストNPC

転生により八百年以上もレリック片手棍ミョルニルを継承し続けてきたガルカ白魔道士
ヒュームにつけられた通り名と思われる名前の意味は「鉄の棺」*1

カンパニエバトルではミョルニルを手に戦うが、基本的な行動パターン救護兵と同じで敵対行動を受けないと戦闘態勢には入らない。
戦闘時はケアルV・ケアルIV・レイズIIIで援護する。戦闘時の攻撃力はさほど高くはないものの、白魔道士でありながらダブルアタックを備える。

レリック固有WSランドグリースを行使する他、NPC専用特殊技としてレヴィヴィセンスPC1人の衰弱回復)も使用する。
Maruna-Kurina : 托鉢で得た「パン」を糧に、巡礼をつづけてる高僧だよ!でも、祝詞をあげつつ笑顔で敵を葬るもんだから……破戒僧じゃないの、って言うヒトもいるね。
Maruna-Kurina : まあ、バタリアの古碑を訪ねてはるか北方の大陸から渡ってきたらしいから、熱心な女神信者だってことはたしかだと思うよ!ふだんは無愛想なクセに、同業の白魔道士のヒトには何かと力を貸してやってるらしいしね!

待機場所

所属待機エリア・座標
無所属バタリア丘陵〔S〕(J-11)離れ小島
サンドリア王国軍南サンドリア〔S〕(G-8)見張り台上
バストゥーク共和国軍バストゥーク商業区〔S〕(K-10)
ウィンダス連邦軍ウィンダス水の区〔S〕北(F-5)
※無所属での待機場所は複数の候補からランダムで選ばれている場合がある。

スカウト方法


バタリア丘陵〔S〕の離れ小島に行くにはエルディーム古墳〔S〕を経由する事になる。古墳内のスイッチは過去では封印されているが、は開放されている。

ヴァナ・ディールにおける主なパンはアイアンパンゴブリンパン白パン黒パン。どれも競売ではあまり流通していないため、合成で作成するかNPCから購入するのが手っ取り早いだろう。

スカウトの基本については【スカウト(カンパニエ)】を参照のこと。

その後

アルタナ連合軍最強の教導団部隊であるハイドラ戦隊に入隊し、ズヴァール城攻囲戦にてデュナミスの闇へ囚われる運命となる。

2.項 フェイス

盟-フェリアス」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスフェリアスコフィン」を習得できる。

特徴

ジョブ白魔道士戦士
戦闘タイプ回復
武器片手棍
WSランドグリース(/分解)(Lv50~)
魔法ヘイストケアルI~VI、状態異常回復魔法レイズI~III
その他オートリフレシュ(2MP/3sec)(Lv1~)、ダブルアタック(Lv1~)


プロシェル弱体魔法は使用せず、HP38%未満のパーティメンバーへのケアル状態異常回復ターゲット保持者へのヘイストHP76%未満のパーティメンバーへのケアルという優先順位で魔法を使用する。
カーズナの成功確率は頼もしいが、カーズナも含め状態異常回復ターゲット保持者にしか行わない点に注意。範囲攻撃断罪の瞳アポカリプティクレイに巻き込まれたとしても放置される。
ジョブに関わらずヘイトトップのパーティメンバーヘイストを使用するため、うまく使えば魔法ジョブフェイスなどにもヘイストをかけさせることができる。マスター以外のパーティメンバージョブを問わずヘイストを使用するフェイスは、ピエージェ(UC)フェリアスコフィンのみ。
位置づけとしては純粋なヒーラーというよりも、ヘイスト役を兼ねたサブヒーラー、或いは通常は敵を殴り続け連携トスをし、緊急時は回復してくれる準アタッカーとも言うべきフェイスとなっている*2
ガルカなので他の魔道士フェイスと比較すると最大MPは若干低いものの、装備のお蔭か2MP/3secのオートリフレシュを持っている。この点で他の回復フェイスよりも持久力に優れると言えるだろう*3
しかしながらMPが枯渇するような激しい戦闘ではリフレシュが仇となり、下位ケアル連打マシーンとなってしまうこともあるようだ。
なお、衰弱回復するアビリティレヴィヴィセンスの使用はカンパニエゲストとして登場した場合に限られており、2014年7月現在、フェイスにはその能力は与えられていない*4

調整・変更

特殊台詞

関連項目

白ガル】【Ferreous Coffin/ネタバレ】【フェイス/一覧
*1
ferreousという英語の形容詞は、ラテン語で「鉄」を意味するferrumに由来し、「鉄のような」「鉄を含む」などを意味する。この形容詞は英語としては一般的な語ではない(単に「鉄の棺」と言うだけならIron Coffinと言えばいい)ため、その特殊な文体を反映して訳語は「くろがねの棺」のように読むのがふさわしいかもしれない。
*2
フェイスとしては、よりプリッシュに近い挙動をするミリとでも言うべきか。
*3
このリフレシュLv1から効果減衰なしに発揮されるので、低レベル帯ではさらに顕著である。
*4
→公式フォーラム:フェイスの使い勝手向上
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。