転生(てんせい/rebirth/reincarnate/transmigrate)
ガルカは、転生によって新たな体へ生まれ変わる。
そのため死期を悟ったガルカ転生の旅に出るのだが、伝承では「死期を悟ると、高い山に登り、最後の時を迎え、そして新しい光に導かれ新しい肉体を得て、自らの足で山を下りる」と云われている。

それが真実なのか、ただの伝承にすぎないのかは不明である。
転生の旅に出て、一年もたたないうちに、子供のガルカが自らの足で集落を訪れるという事実があるのみである。
その子供は何かの証拠の品があったため同じ名で呼ばれる者もいれば、前世の素性の全くわからぬ者もいる。

また転生の旅に出ることなく死亡したガルカが、その後転生したという事例は報告されていない。
ただ、転生しているかもしれないという伝説は存在する。
しかし転生を通じては、決して個体数を増やすことがないため、ガルカ族はその個体数を次第に減らしていった。

ちなみに英語版では一口に転生と言ってもreincarnate、transmigrateなどさまざまな動詞が使われる。ただし、「転生の旅」は基本的に「journey of rebirth」である。

関連項目

ガルカ】【語り部
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。