サンドリア王国軍(さんどりあおうこくぐん/San d'Orian Military)
通称王国軍サンドリア王国の軍制は騎士階級をその中心に据えていることが特徴である。

国王の下、全ての軍集団は騎士団、騎士隊として編成されている。そのため、王国軍を指してサンドリア騎士団と通称される。王立騎士団神殿騎士団の二大騎士団の他、国王直隷の近衛騎士隊を中央常備兵力として維持し、他に傭兵騎士団辺境(在郷)騎士団を必要に応じて召集する。現在の編成は以下の通り。

団長
王立騎士団 ラーアル・S・ルブラール子爵(Rahal S Lebrart)
神殿騎士団 クリルラ・V・メクリュ司祭(Curilla V Mecru)
近衛騎士隊 -
在郷騎士団 -
傭兵騎士団 -

外征を主任務とする王立騎士団と、治安維持主任務とする神殿騎士団で役割を分担している。外征部隊である王立騎士団トリオン王子に親率されることが多いようだ。また近衛騎士団傭兵騎士団については、武勲著しい者や国家への貢献が多大な者に褒与する肩書きとして用いられることもある。*1

水晶大戦時のサンドリア王国軍

国王の下に五種の騎士団が編成され、王国軍を形成している。また、近衛騎士隊水晶大戦時には騎士団に昇格している。現時点で明らかになっている著名な騎士団・騎士隊は以下の通り。

分類軍団名団員/隊員備考
近衛騎士団-Valaineral R DavillesRoyal Guard
王立騎士団(王立騎士団本隊)Yrvaulair S CousserauxRoyal Knight
赤狼騎士隊Mieuseloir B EnchellesCrimson Wolf Esquire
緋猪騎士隊Ashmea B GreinnerScarlet Boar Esquire
鉄羊騎士隊Rongelouts N DistaudIron Ram Knight冒険者が所属する部隊
赤鹿騎士隊Alphonimile M Aurchiat-アルタナクエストで登場
鉄鷹騎士隊Ragelise B Baloumat-アルタナミッションで登場
茜隼騎士隊Vestillet-アルタナミッションで登場
紅燕騎士隊Gissenne-アルタナクエストで登場、アルテニアが所属
神殿騎士団(神殿騎士団本隊)Febrenard C BrunnautTemple Knight
銀狐騎士隊Laisavie X BerlendsSilver Fox Archer
金貉騎士隊-Gold Badger Esquire補給・工作部隊
白鼬騎士隊--アンデッド部隊
黒貂騎士隊--
辺境騎士団タブナジア騎士団Altedour I Tavnazia-
アラゴーニュ騎士団Cerane I VirgautAragoneu Knight
ノルバレン騎士団Feldrautte I RouhentNorvallen Knight
バタリア騎士団Alphonimile M Aurchiat-
傭兵騎士団猛狗傭兵騎士団LeonoyneSavage Hound Condottiere
薔薇傭兵騎士団NoillurieRed Rose Condottiere
不明(ベルフリー)-Royal Banneret
(アーマードベルフリー)-Royal Esquire
(救護兵)-Royal Palliator
(補給担当NPC)-Royal Provisioner
(補充兵)-Reinforcement
--Royal Garrison
(訓練兵)-Royal Infantry
(救護訓練兵)-Pupil Palliator実際にはI、II、IIIと番号付き

戦時ともあって辺境騎士団が4つ編成され、さらに2つの傭兵騎士団編成されている。王立騎士団神殿騎士団は本隊以外に確認できるだけで上記の11隊があるが、他にも多数の騎士隊を擁していると思われる。また王族であるダヴィル卿が近衛騎士団を率い、文字通りの精鋭として王に近侍することなく実働戦力として稼動している。

他国の部隊と比較して一番特徴的なのはとにかく「しぶとい事」だと思われる。「騎士団」と言うだけあり、従えている部隊がナイトである事が多いため*2自己回復可能、しかもプロテスシェルも使用したりなどと戦力的に完全に圧倒されていなければとにかく粘る事が多い。決め手に欠けるところがあるのでそのまま粘り勝てるかジリ貧になって負けるかは敵次第の側面もある。

ちなみにこの国、魔道士系の部隊が神殿騎士団本隊*3のみである。隊長格・部隊の大半が魔道士系のウィンダス連邦軍や、赤魔道士学者の部隊が存在するバストゥーク共和国軍と比較すると明らかにかなり近接攻撃寄りの編成となっている*4

関連

バストゥーク共和国軍】【ウィンダス連邦軍】【カンパニエバトル】【獣人血盟軍】【ゲスト
*1
王立騎士団神殿騎士団などの具体的な編成については各項を参照されたい。
*2
一部の部隊は戦士だったり、狩人だったりはするが。
*3
隊長のFebrenard C Brunnautは推定ナイト白魔道士ハイブリッド、部下はTemple Knightという名前だがナイトではなく白魔道士
*4
しぶとさの一因でもある。ちなみにサンドリア王国軍の部隊で距離をとって戦おうとするのは銀狐騎士団だけである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。