解呪(かいじゅ/purification)
北サンドリア(L-6)にいるNPCAlphollon C Meriard」に、呪物とその対になる免罪符トレードして呪物呪いを解くこと。

呪物は禁忌を破って精霊の怒りに触れたために呪われており、そのままでは本来の性能を発揮できないどころか、使ったり装備するとマイナスの影響を及ぼすことがある。

サンドリア大聖堂枢機卿Alphollon C Meriard女神の力と免罪符でこの呪いを解くことが可能で、それを「解呪の儀式」と呼んでいる。英語版ではpurification(浄化)と呼んでいる。
Alphollon C Meriard : ……我らが女神よ。
(PC Name)の贖罪への努力と誠意に対し、
精霊の怒りに触れし、呪物『○○』を
戒めから解放し、その罪を許したもう……。

設定上、聖職者しか解呪ができないかというとそうとも限らないようで、クエストただの食いしん坊のごとく」の依頼者ウェスタリーブリーズ(Westerly Breeze)は、呪われた飲料を口にした後に免罪符を使って(食べて?)呪いを解除している。

逆に免罪装備によっては、免罪符を用いて再び呪物に戻すことも可能。これは、免罪装備を上位品にするためには、1度呪われた装備に戻した上で打ち直し、その上で再び解呪する必要があるため。

この仕組みが実装された時の第20回もぎたて ヴァナ・ディールでは、プレイヤーから「なぜ再び呪い直すのに免罪符を用いるのか」という質問が出ていたが、これについては「元々免罪符はお金さえもらえば何でもいいというものだしそういうもの」「免罪符は罪を免ずるも科すも自由自在」という答えがなされている*1

関連項目

Alphollon C Meriard】【呪物】【呪われた装備】【免罪符】【免罪装備
*1
56:30頃
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。