呪う(のろう/Curse)
ゴースト族とその亜種ブフートが使用する特殊技の一つ。

名称範囲効果空蝉備考
呪う自身中心範囲呪い貫通

名前通り、呪い状態にする。
英語版だと技名も効果も一緒である。

HP/MP減少量は2~3割程度で大幅なダウンと言うわけではないが、その代わり効果時間が非常に長い。早期治療しないとそのまま延々数十分呪い状態のまま戦うこともありうる。
また尊者の薬聖者の薬で治療できないことから、ビシージでできれば使われたくない部類の技と感じる人も少なくない模様。

カーズナリキャストが10秒と長めの為、女神の慈悲女神降臨の章で範囲化したり、ディバインベニゾンリキャストを縮められない時は呪われた人全員を治療するにはかなり手間がかかる。
そのため多人数が一気に呪われるような場面では聖水を常備しておくと後衛の負担が減るかもしれない。

ちなみに、サービス開始当時は「呪詛」という名称であった。
その後ステータス異常呪詛」が登場したことで技名が変更になったという経緯がある。

関連項目

ゴースト】【ブフート
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。