魔物のララバイ(まもののららばい/Foe Lullaby)
  1. 呪歌の一つ。
  2. 魔法のスクロールの一つ。

敵を睡眠状態にする。

名称習得可能レベル詠唱再詠唱属性効果時間
(フルヒット時)
魔物のララバイ162秒24秒30秒
魔物のララバイII832秒24秒60秒

再詠唱時間メリットポイントララバイ使用間隔+1につき1秒短縮できる。また、楽器で+1するごとに10%効果時間が延長する。

魔物のララバイ

同じ睡眠効果の魔法スリプルがあるが、効果は重複しない。同時に使用した場合は、スリプルII=スリプガII=リポーズスリプルスリプガ魔物達のララバイ魔物のララバイ睡眠青魔法と言う法則がある*1

属性であるのでスリプル属性)では対処しにくいコウモリや骨を寝かせやすかったり、詠唱の速さから、ゴブリン爆弾投げウェポン怒りの旋風等のいわゆる「タメ」のある特殊技を潰せたり、実質スタン効果を持つ*2など、高い利便性を誇る。

ヘイトについては、魔物のララバイ魔物達のララバイ共に累積へイト240であると言われている。これは、スリプガI・II(累積へイト180)および2010年6月22日のバージョンアップヘイトが抑えられたスリプルI・II(累積ヘイト1、揮発ヘイト300(=5秒後には0になる))より高い数値なので、寝かせて起きた敵がほとんど全て吟遊詩人に向かってくることになるため、詩人を殺さないために他のPTメンバーのサポートがあることが望ましい。

メリポPTにおいては、今までの詩人エレジー(累積100+揮発240)で釣りララバイで寝かせ(累積240)、赤魔道士スリプルI・II(累積ヘイト1+揮発ヘイト300)で上書きする方法では赤魔道士詩人よりヘイトを高めることができなくなってしまったため、白魔道士リポーズ(累積480)を始めとした他のメンバーのサポートがやはり望ましい。

スクロールの入手経路

現代のYagudo Piper(ギデアスタロンギ大峡谷等)がドロップする。スクロールRare属性を持っている。
売却標準価格は60ギル

魔物のララバイII

スリプルII=スリプガII=リポーズスリプルスリプガ魔物達のララバイ魔物のララバイ=魔物のララバイIIと立場的には従来のララバイと同じ。
睡眠時間は2倍の60秒となっている。

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
カザムM&Pマート・I-8Toji Mumosulah常時入荷

スクロールRare属性を持っている。
店舗からの購入以外の入手方法としては、アビセアの死闘エリアにおいてSturdy Pyxisから入手出来ることがある。

販売標準価格は70,140ギル、売却標準価格は3,507ギル

歴史

魔物のララバイ魔物達のララバイ実装に遅れること約4ヶ月、→2002年11月26日のバージョンアップ実装された。
当初は上書き法則が達ララ>ララバイスリプルだったが、後に修正されている。

なお、実装当時は、アイコン属性重力連携MBしていた一方、耐性の高い骨等を余裕で寝かせられるなど、レジスト判定は属性で行われていたフシがあり、詩人の間では不可解な面のあるとして知られていたが、→2004年2月26日のバージョンアップで「「魔物のララバイ」および「魔物達のララバイ」の歌のアイコンを修正しました。」というアナウンスとともに、アイコンMBの挙動が改められ、こうしたねじれ現象は解消された。

2010年9月9日のバージョンアップ魔物のララバイIIが追加されたが、メリットポイント使用間隔短縮が効いていないという不具合があった。これは2011年9月20日のバージョンアップで修正されている。

由来

ララバイはそのまんま子守唄の意味*3。名称は子供を盗む悪魔リリスから子供を守るための、「リリスよ、去れ!」を意味するヘブライ語の呪文「Lilith Abi!(リリス アバイ)」に由来する。

過去シリーズでは、FFVIで「砂漠のララバイ」という踊りの技として登場している。

関連項目

呪歌】【魔物達のララバイ】【ララバイバッシュ】【スリプル】【メリーのホルン】【ナースメイドハープ】【クレイドルホーン
*1
既にかかっている魔法より左側をかければ上書き、右側をかければ効果なし
*2
通称ララバッシュ
*3
→子守唄(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。