FINAL FANTASY IV(ふぁいなるふぁんたじーふぉー)
スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売された、ファイナルファンタジーシリーズの4作目。

FFシリーズ初のスーパーファミコン用ソフトとして発売され、8Mbitロムカセットという当時としては大容量を用いた作品だった。すべての面で評価が高く、SFCのシェア拡大に大きく貢献したと言われる。すでに4ハード(PS、WSC、GBA、NDS)で移植・リメイクされていることからもその人気の高さを伺える。また、直接の続編として「FINAL FANTASY IV THE AFTER 月の帰還」が製作され、携帯端末とWiiウェア、PSPでリリースされている。

シリーズの定番となったATB(Active Time Battle)を採用された初のシリーズであり、以降のFFでの戦闘に大きな影響を与えた。プラットフォームがファミリーコンピュータからスーパーファミコンへと移行したことにより、グラフィック、サウンドのみならず高度な処理が可能となったことから実現した。

なおFF3FF4の間にはキャンセルとなった未発表ファミコン版タイトルが存在していた。この作品はロードマップではFF5として開発されていたが、上記ファミコン版の発表キャンセルに伴い、本作品がFF4になったという裏話も残されている。より詳しい情報は公式サイトや外部のwikiなどを参照していただきたい。

FINAL FANTASY XIとの関連性

外部リンク

本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。