Yumcax(ゆむかくす)
ヨルシア森林に出現するプラントイド類イグドリア族NM七支公の一柱、“古樹公”ユムカクス

Yumcax

戦闘条件

だいじなもの再生抑制まさかり」を持った状態でヨルシア森林(E-9)の???調べると、戦闘エリアに侵入することができる。

特徴

ユムカクスはお供として後述の2種類のプラントイドを引き連れている。
土属性物理ダメージに高い耐性を持ち、火属性風属性弱点とする。
ダメージだけなら火属性が最も高いダメージを叩き出せるが、アップルートエフェクトを消せるのは風属性のみとなっている。

名称範囲効果空蝉備考
通常攻撃単体闇属性魔法ダメージHP吸収
前方範囲物理ダメージ回避率ダウン
自身中心範囲物理ダメージバインド
アップルート自身中心範囲光属性魔法ダメージヘイトリセットラーニング
自身状態異常回復-
カノピアス自身中心範囲土属性魔法ダメージラスプ(-18HP/3sec)12000ダメージを範囲内PCで均等割り
ポッテドプラント対象中心範囲土属性魔法ダメージバインドスロウ
ルートプロブレム単体HP吸収TP吸収強化複数吸収+全ステータスダウンステータスダウンイレース不可
ティーンバー自身中心範囲土属性魔法ダメージ死の宣告(10カウント)+バインド悪疫+全ステータスダウン聖水による死の宣告の治療確率は低い(1/4程度?)
ファイアフライファンダンゴ自身中心範囲光属性魔法ダメージ麻痺フラッシュMPmaxダウンフラッシュ効果時間長め

アップルートの使用後に発生するエフェクト風属性魔法ダメージで消失することがある。
エフェクト中はリジェネが発生し、ティーンバーを高確率で使用する。これは特筆すべき厄介な技であり、ユムカクス戦が敬遠される原因の大部分を占める。
範囲に死の宣告をばら撒くことから、盾役聖水を相当量用意し、後衛盾役に対してカーズナ支援が必要。
これを怠ると、盾役が総崩れとなり、その後のタゲが固定が困難になり、撃破までに時間がかかることになる。

物理ダメージ耐性コロナイズ・レートの上昇で緩和されるが、物理攻撃での削りで倒すのは非常に困難。回避は同時に実装されたフルカンほど高くなく、命中は820程度あれば問題なく当てられる。

コロナイズ・レートを上げて中途半端に物理が通る状態になった場合、「ユムカクス本体を殴らない」作戦を前衛召喚士の参加者に徹底しない限り与TPの増加によるWSの連発により逆に手強くなり、継続かつ安定してダメージを与え続けられなければリジェネにより回復してしまうという一面を持つ。
ボスに対して役割を持つにはナイト以外の前衛を省き、コルセア黒魔道士学者などのジョブで参加すると良いだろう。
シェル吸収されていると精霊ダメージが軽減されてしまう為、しっかりと消去していきたい。

攻撃力もそれ程高くはなく、後半のWS連打モードも物理魔法共に50%カット出来る装備があれば耐えられる。
ただしカット装備が無い場合被ダメージは多いと2000を超える事もあるため、後衛集団の近くで暴れさせてはならない。
カノピアスを1人で受けた場合、イージス魔法ダメージ87.5%カットサポ剣フラブラ2つでヴァレションを使用したとしても、最低でも1050ダメージ受けるのでナイトの数が少ない場合注意が必要となる。


お供はスナップウィード族パノプト族の2種類のみだが、やや狭いフィールド内にところ狭しと沸き続ける*1
スナップウィード族 Yumcax's Maw (5匹) 範囲ダメージと強烈な毒を撒き散らすため、ポイゾナ毒消しは必須となる。
パノプト族 Yumcax's Watchman (10匹) 土属性魔法を使い、特殊技では範囲睡眠や範囲麻痺などをつかってくる。
どちらも厄介な範囲技をもっているため、ボスの戦闘場所や衰弱から立ち直るための安全地帯の確保に注意を払う必要がある。
特殊なヘイト連動があり、お供に敵対行動を取るとユムカクス攻撃を仕掛けてくる。お供同士のリンクはしない模様。


なおバトルフィールドの設計に問題があり、最奥にいわゆる地形ハマリが存在した。開発側もその旨承知しており、メッセージモーグリを配置したが興味本位で問題のポイントに移動しデジョンテレポ以外では脱出出来なくなるプレイヤーも存在した。
この不具合は2014年6月17日のバージョンアップで修正された模様。この時点では不具合修正として告知されず、次回の2014年7月8日のバージョンアップで告知された。

戦利品

公式設定

笠のように広がった枝葉が大地を覆う巨大な浮遊樹。
ヨルシア森林を縄張りとしており、周辺のプラントイド類を総括する。
常しえの樹齢を誇り、古来よりウルブカ全土に繁茂する草木を見守ってきた。

動きは緩慢だが、ムチのようにしなる根が俊敏な動きで侵略者を迎撃する。
土の属性を持つ2本の根に貫かれた者は、精魂を吸われ、生命の危機に陥ってしまうだろう。

迂闊にも其の霊域に立ち入った者は、森の怒りに触れ、
命の灯火が徐々に消え逝くのを感じながら、
森の守護者に刃を向けたことを悔やむこととなる。

→公式:アドゥリンの魔境特設サイトより

開発初期段階の設定

ファミ通Connect!Onの開発者インタビュー*3では、開発段階の初期設定が公表されている。当初は七支公にも台詞が設定されており、ユムカクスクゥダフに似た間延びした喋り方のイメージだったようだ。
属性は「」、生息地は「河or湖」、イメージカラーは「黄」、エリアは「中央」。
土属性の蓮人。
・植物なので長寿。ゆえに呑気、という、SF・ファンタジーの設定を使用。
・母音の伸びるゆったりしたしゃべりかたをする。
・声のイメージ:間延びした声。

台詞例
[植物公]:おおおまえぇはだぁれだぁぁ!
だぁれの許しを得ぇてここにいるぅぅ。
まぁた、森をぅ荒ぁらしに来ぃたかぁあ!
※女性的にする案もあり?

出典

マヤ神話に登場する、農耕と自然を司る神Yum Caax(ユム・カァシュ)に由来するものと思われる。
トウモロコシの冠を戴いた青年の姿をとり、トウモロコシの豊穣をもたらすといわれる。

関連項目

七支公】【ワイルドキーパー・レイヴ】【イシタブ
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。