下弦の咆哮(かげんのほうこう/Ecliptic Howl)
召喚獣フェンリル召喚中に使用できる契約の履行:験術の一つ。
範囲内のパーティメンバー命中率回避率アップ

範囲内のパーティメンバーに対し、命中率アップ回避率アップステータス変化を付与する。
修得Lv54、消費MP57。効果時間3分。

命中上昇と回避上昇は月齢に依存しており、以下の通り。

月齢新月三日月七日月上弦の月十日夜十三夜満月十六夜居待月下弦の月二十日余月二十六夜
命中上昇1591317212521171395
回避上昇2521171395159131721

新月に近いほど回避率が上がり、満月に近いほど命中率が上がるようになっている。
新月満月で効果がまるっきり違うので、使う際は月齢を見て使わなければいけない珍しい技である。
月齢による効果がルナークライと逆のため、目的によって使い分けると良い。

満月時は+25もの命中の上昇を与えてくれる強力な履行ではあるが、
いかんせん月齢に依存する為にいつも+25というわけには行かない。その分回避が上昇するので、忍盾であれば汎用的に使用することもできる。

この履行を覚えるレベルでのパーティプレイでは役にたたない知識ではあるが、ミミズ土竜巻による命中率ダウンとは互いに上書きされない関係にあるのでミミズソロ愛好家には人気があるらしい。
しかしアトルガンにおいてフォモル族と対峙する機会があり*1フォモルの使用する命中率ダウンの効果を持つ偃月刃とも同様の上書き関係となっているため、あらかじめこの履行を掛けておくとイレースの手間を省くことが可能。

また、回避率アップの効果は1匹コウモリ等が使ってくる回避率ダウンと比べてランクが高く、上書き可であり、上書きされないという優位性を持つ。
忍盾PTで1匹コウモリカブトをやる際にかけておくと、忍者イレース役の後衛から喜ばれること請け合いである。

関連項目

召喚士】 【フェンリル】【契約の履行
*1
Lv65からのカダーバの浮沼でのレべリングにて。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。