召喚魔法スキル(しょうかんまほうすきる/Summoning magic skill)
魔法スキルの一つ。

Jobスキルランク
召喚士A

上記の通り、召喚士のみが有する。以下のパラメータに影響する。

スキルアップ判定

スキルアップ判定は、召喚魔法詠唱完了時、および契約の履行の行使時に行われる。

とはいえ履行の1分縛りがあるなど、スキルは上がり難い部類に属するため、レベルを上げても青字を保ちたいならレベル上げとは別にスキル上げが必要になる。

なお、他の魔法スキルと同じように、味方にかける履行(補助や回復系の履行)よりも、敵にかける履行攻撃弱体系の履行)の方がスキルが上がりやすい。*1

攻撃履行命中率

召喚魔法スキル装備メリポなどでブーストし、スキル上限青字)のスキル値を超えることで攻撃履行命中率上昇という特典が付く。命中率はどの程度上がるかは不明だが、+30ほどブーストすれば格上相手にラッシュエクリプスバイトなどの多段履行がかなり安定して当たるようになる。

補助系履行効果時間延長

効果時間3分以下の補助系履行は、スキル300オーバー分1につき1秒効果時間が延長される。スキルが300未満の場合は本来の効果時間となる。
300を超えた場合は以下の計算式となる。
効果時間 = 本来の効果時間 + (召喚魔法スキル - 300)

元々は攻撃履行命中率と同様、スキル上限を超えた分のみが効果時間延長に影響していた。攻撃履行命中率上昇にも同様の仕様変更が適用されているかは不明だが、少なくとも告知はされていない。

召喚魔法スキルブーストする装備

現在の各装備部位等における最大合計値は、以下の表のとおり。

装備部位等名称召喚魔法スキル+レベル入手先等備考
両手棍エスピリトゥス15IL119Hanbiアーケイン・グリプトType:B(ノーグNolan)
エグゼンプラー15IL119Ogdoad
グリップヴォックスグリップ383Khalkotaur
投てきなし
バヤミハット+131IL119 Su3合成
要:織工ギルド銀の書
スペリア3装備
バヤミローブ+137IL119 Su3
両手バヤミカフス+133IL119 Su3
両脚バヤミスロップス+135IL119 Su3
両足バヤミサボ+129IL119 Su3
メリックトルク1099Warder of Mercyどちらか一方
インカンタートルク錬成
句芒の帯899Seiryu(エスカ-ル・オン)ギアスフェットNM
コンベイケープ8 + 5 = 1399インカージョン、幻光結晶オーグメントで+1~+5
アンドアーピアス599Cailimh-
サモニングピアス335Venessa-
エボカーリング1071大いなる力宿るモノ-
スティキニリング+1899合成-
装備以外スキルランクA41799-
メリポ1675メリットポイント21P能力値8振り
ギフト599消費したジョブポイントが150到達上書きではなく合算されていくので+36
8消費したジョブポイントが500到達
10消費したジョブポイントが1125到達
13消費したジョブポイントが2000到達
最大合計値7092017.5.10現在

上記の以外のものは以下の表のとおり。
分類名称装備Lvスキル+値
片手棍ペトリアークケーンIL109+5
両手棍麒麟棍75+1~12(オーグメント)
ウッフラット+2IL119+5~10(アーケイン・グリプト)
神代の杖70+1~10(オーグメント)
トゥマフィリッグIL119+7
ソウルスカージ89+7
バハムートスタッフ75+5
グリップヴォックスグリップ83+3
バヤミハットIL119 Su3+26
CNホーン+3IL119+19
CNホーン+2IL119+17
CNホーン+1IL119+15
コンボカホーンIL109+15
BCホーン+1IL119+13
MKティアラ+199+12
ベコナーホーンIL109+11
CLホーン+285+9
ボクワスフッドIL110+7
マルドゥクティアラ75+7
CLホーン+185+6
EKホーン+174+5
エリートベレー+174+5
エボカーホーン60+5
エリートベレー74+4
コーラーホーン85+3
ペナンスハット50+3
オステアハット50+2
バヤミローブIL119 Su3+32
APダルマティカ+1IL119+20(アーケイン・グリプトType:D)
アポジダルマティカIL119+15(アーケイン・グリプトType:D)
BCダブレット+1IL119+14
ベコナーダブレットIL109+12
アンフルローブ90+12
ヒクソスローブ+190+11
ヒクソスローブ90+10
CLダブレット+289+10
アウグルジャズラン79+10
CLダブレット+189+7
コーラーダブレット89+3
両手バヤミカフスIL119 Su3+28
ラマスミトン+1IL119+22
ラマスミトンIL119+21
GLブレーサー+1IL119+19
グリフブレーサーIL109+17
SMブレーサー+290+15
SMブレーサー+175+12
サマナーブレーサー72+10
ビーコンカフス59+5
ペナンスカフス50+3
オステアカフス50+2
両脚バヤミスロップスIL119 Su3+30
BCスパッツ+1IL119+20
ベコナースパッツIL109+15
アダパズボン+1IL118+14
MKシャルワ+199+11
ンゲンサラウィル99+10
ミスタゴグズボン99+8
マガバンスロップス96+6
CLスパッツ+283+6
マルドゥクシャルワ75+5
オラクルブラコーニ72+5
ペナンススロップス50+4
オステアスロップス50+3
両足バヤミサボIL119 Su3+24
APパンプス+1IL119+20
アポジパンプスIL119+15(アーケイン・グリプトType:D)
MKクラッコ+199+11
ルベウスブーツ96+10
アダーラクラッコー99+8
マルドゥククラッコ75+5
ナシラクラッコー75+5
ペナンスサボ50+4
オステアサボ50+3
コーラーペンダント84+9
サモニングトルク65+7
ローネックレス75+3(サルベージ)
ルセデティサッシュ99+7
シメリアンサッシュ93+5
サモニングベルト52+2
アプトゥスピアス70+1~3(オーグメント)
グロビドンタリング99+5
スティキニリング99+5
フェルボルリング87+4
慧敏の羽衣73+5
マジシャンマント30+5(サポ召)

歴史

実装当初は、全戦闘魔法スキルの中で非常に上がりにくいスキルとして有名であった。スキルアップ判定が召喚魔法詠唱時にしかなかったため、1上昇させるためには何時間も召喚魔法を唱え続ける必要があると言われ、運が悪いと1時間唱え続けても上がらないこともあった。同様にスキル上げの困難さで知られるガードスキルに勝るとも劣らないと言えよう。当時、ジュノ近辺で召喚士召喚を繰り返す光景をよく見かけたのはこのためである。
そもそも召喚魔法が上がりにくかった理由は三つあった。


これらの困難さに加え、召喚魔法スキル詠唱中断率程度にしか影響がなかったため、召喚魔法スキル青字にしておく意味も薄かった。

当時の召喚士ケアルタンクとしてしか誘われず、テコ入れを必要としており、その一環として召喚魔法スキルに意味を持たせて欲しいという要望も出ていた。


で決定されていた。これによりヘイスガ等の効果時間魔法と同様3分まで延ばせるようになり、補助系履行の使いやすさが大幅に向上した。しかしこの仕様の元では、召喚魔法スキル青字にしていても、レベルが上がって白くなった途端に補助系履行効果時間が短くなってしまうというケースも発生していた。



関連項目

召喚魔法】【契約の履行】【エレメントサイフォン】【神獣の加護
*1
武器スキルの上昇判定と同じく、現在のスキル値が該当するレベル以上の敵が対象であり、ミスフルレジストされたときは上がらない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。