代名詞(だいめいし)
テキストコマンド中で使用できる特殊語で、実行時の状態に合わせて展開されたり、特殊な機能を利用できる。
「<」と「>」で囲われている。

代名詞展開されるもの
<me>自分の名前。/ja チャクラ <me>
<t>ターゲットしているPCNPC、敵などの名前。/ja 挑発 <t>
<bt>現在戦闘中(赤ネーム)の敵の名前。/ma ディア <bt>
<ht>最も近い救援要請状態の敵の名前。/ja 挑発 <ht>
<st>サブターゲットカーソルを出して選択したものの名前*1/ma ケアル <st>
<stpc>PCのみ選択できる<st>。
例外としてフェローも選択可能。
/ma ケアル <stpc>
<stnpc>NPC(敵など)のみ選択できる<st>。
PCペットを含めるかどうかは/ignorepetで設定できる。
/ma スリプル <stnpc>
<stpt>パーティメンバーのみ選択できる<st>。
ターゲットパーティウィンドウ内に表示され、画面上のターゲットアイコンは表示されない。
フェローも選択可能*2
/ma リフレシュ <stpt>
<stal>アライアンスメンバーのみ選択できる<st>。
ターゲットパーティウィンドウ内に表示され、画面上のターゲットアイコンは表示されない。
/ma ケアル <stal>
<lastst>最後にサブターゲットしたものの名前*3/p ケアル→<lastst>
<ft>フェローとして呼び出したNPCの名前。
<fthpp>フェローの現在のHPを%表記で。/echo 現在フェローHP<fthpp>
<focust>フォーカスターゲットに設定したパーティメンバーの名前
<p0> ~ <p5>パーティーメンバー。メンバーリストの上から順に対応している。<p0>は常に自分。/ma ファランクスII <p1>
<a10> ~ <a15>ひとつめのアライアンスメンバー。
<a20> ~ <a25>ふたつめのアライアンスメンバー。
<r>直前にtellを送信してきた相手の名前。/sea all <r>
<tp>現在のTP/p 現在のTP<tp>
<hp>現在のHP/最大HP
<mp>現在のMP/最大MP/p ヒーリングします。MP<mp>
<hpp>現在のHPを%表記で。
<mpp>現在のMPを%表記で。
<pos>現在の地図上の座標。/p 現在位置は <pos> です。
<mjob>現在のメインジョブ略記)とレベル。
<sjob>現在のサポートジョブ略記)とレベル。
<job><mjob>/<sjob>
<call0> ~ <call21>展開せず、パーティーメンバーに音と振動で合図する。パーティ会話でのみ有効。/p ○○さん、起きてー!;; <call0>
<scall0> ~ <scall21>振動しない<call>。/p 連携開始します! <scall4>
<ncall0> ~ <ncall21>近くのメンバーのみ有効な<call>。
<scan>広域スキャンで追跡中の相手。/p 現在<scan>を追跡中。
<pet>現在のペットの名前。
<pethpp>現在のペットHPを%表記で。
<petmpp>現在のペットMPを%表記で。
<pettp>現在のペットTP
<gatebreach>ゲートブリーチ状態であるかどうか。
<petra>ペトラの数。
<wait>次の行のマクロのタイミングを調整。/ma プロテス <stpc> <wait 5>
/ma シェル <lastst>
<recast>指定したアビリティ名や魔法名のリキャスト時間を表示する。
例えば<recast=挑発>と書くと「[挑発] 0:30」のように変換される。
/p 再使用まで<recast=挑発>!

参考例

代名詞を活用することで様々なマクロができる。
/ja 挑発 <stnpc>
/p <lastst>を挑発

通常の<t>ではなくサブターゲットを使うことで、オートアタック中に他の敵を挑発するときに有効。

/ma ケアルIV <stal>
/p <lastst>さんを大回復

たとえば<stpc>だと、対象が着替えたときに点滅ターゲットが自分に戻ってしまう可能性がある。<stal>ならその心配がない。ただし、これだとアライアンス外部にはケアルできないため、使い分けが必要。

特殊な使い方と文法

代名詞代名詞を半角スペースで区切って重ねて使うことが、一部の代名詞では可能である。
たとえば
/equip ヒエラーキベルト
/ja コンバート <stpc>

これはMPブースト装備着替えてからコンバートを行うマクロだが、その際味方からケアルなどをもらうと対象が味方に移ってしまいコンバートが不発になる可能性がある。
そこで
/equip ヒエラーキベルト
/ja コンバート <me> <st>

サブターゲットが出現するので対象を変えることもできるが、直前の「<me>」が優先されるため、誰を選んでも自分にかかる。自分にしかかけられないアビリティ召喚魔法などはこれで発動すると確実に発動させられるので安心である。

関連項目

マクロ
*1
チャットコマンドではサブターゲットは表示されないため展開されない。他のサブターゲット代名詞も同様。
*2
チャットウィンドウ上、フェローHPバー横に選択カーソルが出る。
*3
全てのサブターゲット代名詞が対象。エリアチェンジ等でリセットされる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。