乙女のヴィルレー(おとめのう゛ぃるれー/Maiden's Virelai)
  1. 呪歌の一つ。Lv75で習得できる。
    敵を魅了する。
  2. 魔法のスクロール楽譜)の一つ。
    オズトロヤ城海蛇の岩窟吟遊詩人タイプのヤグードサハギンドロップする。また、戦績BF皇国軍・白の書)の戦利品としても入手可能。
    サハギンのカギ扉奥のAbyss Sahaginが落としやすい。

下記にあるように歌自体の性能は全く実用レベルではない。
だが醴泉島NMTeles」を湧かせるためのグリスリートリンケットテレスの聖歌」に必要なアイテムのため、
競売では高値で取引されている。

売却標準価格は2,400ギル

効果と用途

呪歌習得レベル属性詠唱時間再詠唱時間効果備考
乙女のヴィルレー754秒60秒魅了(30秒)魅了できるのは「あやつる」が効く敵と同じ

長らく上位歌しか追加されなかった詩人にとって待望の新譜であり、多くの吟遊詩人が期待し、レベルを上げ、習得し、そして粉々に粉砕された歌。
もっとも、達観したプレイヤーにしてみれば『獣使いを食うような歌になるわけがない』とある程度覚悟はしていた模様ではある。…ここまで酷いとは思わなかったであろうが。

問題点

山ほどある。『問題点しか無い』と言っても過言ではない。

常時魅了状態維持が困難

魅了時間(30秒)より再詠唱時間(1分)の方が長く、常時魅了状態を維持できない。トルバドゥール効果時間を1分に伸ばせるが、常時発動できるアビリティではないため実用的ではない。ヘイストファストリキャストを駆使して再詠唱時間を半分まで短縮した上に魅了時間を伸ばす装備をすれば「魅了時間>再使詠唱時間」にすることも不可能ではないが、以下を読めばその気も失せるだろう。

魅了後に何も指示できない

「敵を魅了」という看板にはなんの偽りも無い。ただ、魅了するだけで後はなにも命令できない。どんなサポでどんなペットコマンドを使っても指示を出すことは不可能である。
唯一、受動的な挙動として「自動反撃」を有する。効果時間30秒の間、術者が敵のタゲを取ることがあればその敵を自動的に攻撃する。術者タゲを取ることが一度もなければ最後まで魅了状態のままなにもしない。攻撃対象が複数である場合、それを指定することはできない。ちょうど召喚獣を呼び出した状態でマスター攻撃を受けた際自動的に召喚獣が反撃するのと同じ動きをする。詳しくは【自動反撃】を参照のこと。しかし召喚士と異なり、一度始まった自動反撃は中断させることができないため、寝かせようとしても構わず殴ってしまう。
もっとも、パーティ戦において詩人タゲを取ることはまず無く、必然、魅了した敵は30秒間何もせずに魅了切れを待つのみとなる。

魅了切れ時の対策が無い

効果が切れると「あやつる」後の魅了切れと同様、攻撃対象は術者へと向く。ヘイトリストがまっさらな状態からヴィルレー釣り一時的にペットにした場合でも同じ。
ほんきだせ」も使えないためTPは貯まる一方で、魅了切れを起こした瞬間に高確率で特殊技が飛んでくるおまけつき。
まってろ」も不可能なため、魅了切れの瞬間まで術者の至近距離を離れない。作為的に引き離すためには別の敵にわざと絡まれる等して自動反撃させる必要がある。
再び魅了状態にするためにはヴィルレーが再詠唱可能になるまでひたすら耐えるかララバイで寝かせる等するしかない。

経験値を得られなくなる

魅了切れ後に何とか倒したとしても、経験値を得ることはできない。戦利品ドロップする。(「あやつる」で魅了した場合と同じ)
パーティ戦でスリップ誤爆などした際の無力化、という使い方を考えたとしても、経験値放棄を代償とするくらいならバインドなりブレイクなりマラソンなり、もっと現実的な選択肢がいくらでも存在するのが現実である。

詠唱に4秒かかる

ソロ時の絶望的状況からの悪あがきとして見ても「さっさと逃げた方がマシ」である。ちなみにララバイ系の詠唱時間は全て半分の2秒である。

結局…

結論として、この歌の効果はアムネジアを受けた召喚士の苦悶を30秒堪能した後、謀反を起こされた獣使いの動揺を体験できるだけ」という事になる。

実装直後は、まさかカンストして覚える歌がこれだけのはずは無い…と、様々な検証が行われた。
サポ獣にしてペットコマンドを実行できないか試みた人もいるが、もちろん徒労に終わった。ならば、操ることができない獣人魅了できるのは?という淡い期待も早々に否定された。
Lv75にもなって覚える歌の効果がこれしかないというのは、実に気合の入った嫌がらせとしか思えない。

別名「おちめのヴィルレー」。

一方、Merrow No.5など、モンスターが使用する場合はかなりの脅威となる。「こんなことになるなら何も実装されない方がよかった」と疎まれる不憫な歌である。
デュナミス-ザルカバードにいる楽器型のモンスター、Satellite Hornsもこの歌を使ってくる。メイジャンの試練経験値を稼ぐ目的で、倒しやすい吟遊詩人タイプのデーモンを狙おうとした場合、近くにいるこいつにからまれて、いきなりヴィルレーが飛んできたりする恐れがある。

それでも使うなら

寝かせられない敵に絡まれ、エリア境界まで逃げ切れそうもない時。

上記いずれであっても即座に自動反撃が発動して共食いしてくれるので、その隙に遁走すればよい。
単に魅了しただけでは逃げても追従してきてしまい、問題を先送りするだけにかならないので注意。

……慣れないことをして蘇生困難な場所で倒れる危険を負うくらいならば、運命を受け入れてヒムヌスでも歌った方がずっと確実かもしれないが。

楽器との関係

ヴィルレー+○」または「全歌+○」の付いた楽器を用いた場合、効果時間に+1につき3秒の修正が加わる。かつては魅了成功率には影響しなかったが、2017年3月10日のバージョンアップで不具合として修正された*1命中率の上昇率は要検証

ヴィルレー+の効果を持つ装備は以下の通り。全歌+の装備については【全歌】項を参照。

楽器装備可能レベル楽器レベル
キタラアングリカ751
キタラアングリカ+1752

関連項目

吟遊詩人】【呪歌】【楽器】【キタラアングリカ】【自動反撃

外部リンク

→ヴィルレー - Wikipedia
*1
誰も検証していなかったため、いつからこの不具合が存在していたのかは不明。もっとも、好き好んで使う人がほぼいなかったために、誰にも気づかれなかったが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。