緊急メンテナンス(きんきゅうめんてなんす/Emergency Maintenance )
予め実施日が予定された通常のメンテナンスとは異なり、不測の事態等により急遽実施されるメンテナンス
転じて、拡張ディスク発売後や大規模なバージョンアップが導入された日の当日ないし、わずか数日後に9割以上の確率で行われる修正パッチのこと。
またの名を「修正コンボ」。
基本的に「祭り」と呼ばれる想定外と呼ぶにはあまりにも稚拙なバグを修正するのに使われる手段。

そのほとんどは見切り発車で導入された部分における想定外の影響・・・その多くは仕様理解不足、チェック不足、テストプレイ不足によるバグ・・・を修正するために行われる。

このパッチによって存在そのものを封印されたも同然なシステム・アイテムも少なくない。
この緊急メンテナンス後ですら、新たなバグが発生したり繋がらなくなる事が多い。

なお、MMORPGという性質上ある程度仕方がないことかと思えるが、FFXIでは大規模なバージョンアップ直後にはほぼ毎日と言ってよいほど頻繁に緊急メンテナンスという事態が日常化している。「プロマシアの呪縛」が発売された後は、かなり長期に渡って「毎週火曜日の晩は緊急メンテナンス」という悪い実績を築いてしまったこともあり、その後発売された「アトルガンの秘宝」、「アルタナの神兵」でも同様に行われ、現在は「緊急」という言葉が本来持つ意味ほどの緊急事態と認識しないユーザーが増えてしまっているとも言われる。
こういった事からユーザーの間では、大規模バージョンアップによる新規コンテンツが安定するのは数ヵ月後。という認識が高い。

NMの時間リセット

この緊急メンテナンスにより、サーバーが完全メンテナンスとなりゲームができない状況になると、全てのNMが時間リセットされる。つまり前回倒されてからほとんど時間が経過していない場合でも、即沸き対象となる訳である。
この為、狙い定めてるNMPOPする場所でメンテ開始時間に落ちる。そしてメンテ終了後即ログインすれば、狙ってるNMが高確率で獲得できる。
もちろん、同じ事を考えているライバルは多く、雨後の筍のように次々とプレイヤーPOPする事もある。

NM実装当初はNMはメンテ明けの時点で既に湧いており、文字通り早いもの勝ちだったが、いつぞやのバージョンアップよりメンテ明け12時間以内に湧くように変更された。
これによりメンテ終了してからも待ち続ける必要が出たわけだが、かえってライバルが増える要因になってしまっている。

関連項目

メンテナンス】【バージョンアップ】【トリートスタッフ】【マーチ祭り】【マズルカ祭り】【ムバルポロス水祭り
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。