Bozzetto Conjurer(ぼつぇっとこんじゅらー)
アブダルスの模型-レギオンに出現するヤグード族NM
2016年6月7日のバージョンアップで追加された。

2018年7月5日のバージョンアップからは2回目の登場となっている。

出現条件

アンバスケード大典1章で突入するアンバスケードBFアンバスケード-エキスパート」のボスとして出現する。

特徴

ボスのほかに、難易度に応じてお供が3~5体付く。

お供の特徴は下記の通り。

ボスの特徴は下記の通り。

ガルーダの特徴は下記の通り。

出現敵の名称と難易度の対応表

名前ジョブor種族SPアビリティ備考
Bozzetto Conjurer召喚士アストラルフロウボス
Bozzetto's Avatarガルーダ
Bozzetto Stormbringer黒魔道士魔力の泉風属性精霊魔法、古代II系、サイレガ使用
Bozzetto Lyricist吟遊詩人ソウルボイス
Bozzetto Swordsman明鏡止水
Bozzetto Brawlerモンク百烈拳むずかしい以降で登場
Bozzetto Shinobi忍者微塵がくれとてもむずかしいのみ登場

攻略

「護衛を光属性睡眠で寝かせた後各個撃破、その後定期的に召喚されるガルーダを撃破しつつボスを倒す」というのが基本的な攻略となる。
護衛の撃破順は「サイレガがやっかいな黒→呪歌のバフが強力な吟→その他」となるだろうか。

「ふつう」以下の難易度では、スパイク系魔法リアクトは護衛を全滅させるまでは使用厳禁。わずかでもボスのHPが減るとガルーダ召喚され、こうなると雄叫びや各種バフが消せなくなってしまう。

雄叫び及び呪歌の効果が非常に強力なので、使用ログを確認次第速やかに消去すること。特に雄叫び攻撃力上昇量は+200%と破格の上昇値を誇り、これが乗った状態で鎌鼬等を食らうととんでもないダメージを受ける。
逆にこれをオーラスティールオスモーシス等で吸収できれば有利に戦うこともできる。

ボスはガルーダを撃破することで光が消えて通常通りダメージが通るようになるため、召喚され次第逐次ガルーダを撃破していくことになる。
ガルーダペットとは思えぬほどHPが高く、魔法属性弱点の氷を除いてあまり通らない。早期撃破するには闇連携を発生させ、氷属性魔法マジックバーストを行うといいだろう。

ソロ攻略

ソロで挑む際はジョブや自身の強さにもよるが、ゾンビアタックも視野に入れた戦術になる。
蘇生後に感知されない場所まで敵を引っ張り、その後護衛を全力で排除、ボス単体になったらわざと全滅し、衰弱回復後にボスを撃破する。

盾役は自身のジョブナイトならば自身で、そうでなければトリオンがよい。
光属性睡眠バインドは通用するので、使用可能なジョブならばそれで護衛を足止めし、同時に交戦する敵の数を減らすとよい。

雄叫び後の鎌鼬草払いなどはプロテスVありでも1500ダメージ程度に達し、フェイスの絆がない場合後衛フェイスが一撃で消し飛ぶ。そのため速やかに消去するのはもちろんのこと、ディスペル強化解除技を使えるフェイス編成に入れる、雄叫び後すぐに(得TPの影響で)特殊技を使われることもあるので与TPを抑えるため後ろを向く…といった工夫が必要。

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

Bozzettoについては【Bozzetto Crusader】項を参照。

Bozzetto Conjurer:Conjurerは英語で「魔術師、奇術師」という意味。

Bozzetto Stormbringer:嵐をもたらす者
Bozzetto Lyricist:作詞家、叙情詩人
Bozzetto Swordsman:剣豪、(剣術に長けた)軍人・兵士
Bozzetto Brawler:喧嘩屋

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典1章】【ヅェーシシュの薙刀
*1
ダブルアタック所持。また、レジストスロウの発動を確認。
*2
戦闘開幕時やガルーダがいる状態、いない状態含め数回使用したが、全て「効果なし」となった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。