Proto-Waypoint(ぷろとうぇいぽいんと)
神聖アドゥリン都市同盟で製作されている魔導器「Waypoint」の亜種で、転送装置の一種。中の国用に調整された試作型ものが「Proto-Waypoint」である。


Waypointとの共通仕様

ワープ時にはチャージポイント(cp)と呼ばれるポイントを消費する。
2種類の装置のcpは共用となっており、「Proto-Waypoint」「Waypoint」どちらにもクリスタルトレードすることで入手可能で、最大50000cpまで貯めておくことができる。
ただし、超過分のクリスタルは消失してしまうので注意すること。

銘入れ用の特殊クリスタルは1個で500pチャージされるが変色クリスタルトレードしても受け取ってもらえない。
種類単品1D
火風土水15cp180cp200cp
氷雷30cp360cp400cp
光闇80cp960cp1000cp
特殊クリスタル(全種)500cp6000cp-

特殊クリスタル1Dでのチャージと光闇塊でのチャージギル換算すると、光闇塊が6000ギルを超える場合、特殊クリスタルを購入したほうがチャージ率は良くなる。(特殊クリスタル36000ギル(1D)/6000cp=光闇塊6000ギル(1個)/1000cp)

また、一部のクエストクリアすることで1500cpや3000cpチャージできるので、先にこれらでチャージしておけば効率的である。詳しくは「チャージポイント」を参照されたい。

Proto-Waypoint

各地のProto-WaypointからProto-WaypointまたはGeomagnetic Fountワープが可能。Waypointとの互換性は無いようで、互いにワープ不可となっている。

利用方法

クエスト西の国からの調査団」をオファーしてだいじなもの欠けたロゼッタ石」を入手する。
その後、各地のProto-WaypointまたはGeomagnetic Fountの磁場を記録することで、記録した地点までのワープが開通される。
Proto-Waypointは隣にいるNPCに話しかけないと開通しないので注意)
尚、クエストクリアせずともワープを利用することは可能。特にこのクエストに続く「中の国の磁場調査」「危険地帯の磁場調査」で示されるワープ先も磁場を記録してあれば利用可能*1となる。

設置場所

エリア座標消費cp担当者
ル・ルデの庭(G-9)30Anastase
セルビナ(G-10)Jillia
マウラ(I-8)Zurko-Bazurko
ラバオ(G-8)Quwi Orihbhe
ノーグ(G-7)Wistful Bison

Geomagnetic Fount

Proto-Waypointによる転送先とGeomagnetic Fountの所在地は微妙に異なる。エリアによっては、オブジェクトの上など普通には行けない変な場所に出ることがある。周囲に敵がいない場所が多いが、絡まれるレベルでワープする場合は、インスニ手段の用意は必要不可欠である。
ちなみに転送場所は開通させる事で非常に便利な利用価値の高いGeomagnetic Fountもあれば、何故こんな場所?誰が使うの?と理解に苦しむGeomagnetic Fountと様々である。
エリア座標消費cp備考・TIPS
西ロンフォール(E-8)100ボストーニュ監獄MAP[2]からの出口
北グスタベルグ(D-8)ダングルフの涸れ谷を越えた先
西サルタバルタ(F-4)アマリリスの塔(外ホルトト遺跡MAP[1])入り口 転送時は屋根の上に出る
ラテーヌ高原(H-10)オルデール鍾乳洞MAP[3]からの出口
コンシュタット高地(L-5)クリスタルラインの真上(Geomagnetic Fountの少し横)
タロンギ大峡谷(I-9)Geomagnetic Fountの岩の上
ジャグナー森林(G-5)龍王ランペールの墓を抜けた先
パシュハウ沼(I-7)バリスタヘラルドから東側の池付近、禁断の口へのアクセスが良好
メリファト山地(G-8)亀裂より北側のクリスタルラインの真下
転送時にはサボテンの上に出現する。
アットワ地溝(J-8)パラダモの丘頂上
ウルガラン山脈(H-7)山頂:氷壁奥の洞窟(熊爪嶽唇亡びての入り口)。転送時はBFエリア境界に出る。
入るときは晴れ限定だが、一方通行の別ルートで氷壁の外側に出られるため、出る時は天気不問
ダボイ(I-8)300入ってすぐの広場から西へ延びる通路。
転送時には橋梁構造物の上に出現する。
ベドー(G-7)マップ2枚目(地下)。The Muteの後ろ
オズトロヤ城(G-8)MAP1枚目、真正面の小祭壇の広場から回り込んだ側。転送時は小祭壇の前の出入り口側に出る。
流砂洞(F-7)西アルテパ砂漠(D-12)から入った流砂洞宣託の間に繋がる洞窟に落ちるギリギリの場所(落下注意)。
転送時は穴の南側の縁に配置されるため、こちらも落下注意。
海蛇の岩窟(J-5)ミスリル貨扉奥
ウガレピ寺院(H-8)マップ2枚目(絵筆扉のマップ)。隠し扉の中
ボヤーダ樹(D-4)転送時はマンドラゴラの家(?)の上に出る
ムバルポロス旧市街(K-11)新市街から入った旧市街跳ね橋のスイッチの1つへ、南側の高台を調べる
リヴェーヌ岩塊群サイトB01(C-10)南西端の石碑後ろ。行くときには2枚必要。帝龍の飛泉へは無しで行ける。
ズヴァール城内郭(H-8)内郭に入ってすぐのマップ。広場側 転送時は梁の上に出る

名称について

Proto-がついている物は中の国の環境に合わせた改良試作型と思われる。
Geomagnetic Fountは「地磁気の源」の意。

仕様の変遷


関連項目

ワープ】【西の国からの調査団】【中の国の磁場調査】【危険地帯の磁場調査】【神聖アドゥリン都市同盟
*1
拡張データディスクジラートの幻影」「プロマシアの呪縛」のインストール、及びミッション進行がなされていない場合でも、それらを除外したエリアで磁場の記録を行うことでそこへのワープを利用できるようになる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。