中の国(なかのくに/the Middle Lands)
クォン大陸ミンダルシア大陸ゼプウェル島エルシモ島クフィム島、およびタブナジア群島をはじめとする周辺島嶼地域で構成される、アルタナ四国(サンドリアバストゥークウィンダスジュノ)の勢力圏の別称。

主に近東アトルガン皇国や、東方地域(ひんがしの国)の民にそう呼ばれることが多い。

かつて世がまだ獣の時代と言われていた頃、力に優れた獣人が大いに栄えており、人間は激しく争いながら安住の地を求めて放浪していたとされる。
グスタベルグ文明の存在などからヒュームの一部族がクォン大陸の南部に存在していた他は殆どが外部からの入植とされており、タルタル族はミンダルシア大陸を発見し定住し、エルヴァーン族は北方から移住をし、ガルカ族はグスタベルグを新天地と定め流入してゆき中の国は次第に繁栄してゆくこととなる。

このことから、辺境へ向かうほど獣人の勢力は活発であるとされ、人々はそれを逃れる為に中心へと集まってきた…そう捉える事が出来る。
こうして中心へと集まった人間達は魔法の時代力の時代技の時代と各々が栄枯盛衰を極めゆき、獣人に大きく対抗できる勢力へと育つこととなる。
この辺りはアルタナプロマシアの神話にまで遡る思惑が交差しているのではないかとさえ思わせる。

なお、公式設定上*1クォン大陸ミンダルシア大陸は「ヴァナ・ディール西方」とされており、中とは言われているものの、地理的には真ん中よりやや西寄りであることが示唆されている。

関連項目

北の国】【東の国】【南の国】【西の国】【アルタナ四国
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。