拡張データディスク(かくちょうでーたでぃすく/Expansion Disc)
FF11の追加エリアクエストミッションが有効になるソフトウェアパッケージ。

拡張データとなるディスクと、「拡張コンテンツ登録」用のレジストレーションコードとのセットになっている。

インストールし拡張コンテンツの登録をすることで、新たなエリアへ行けるようになる。また、それに伴ってミッションクエストが追加される。
忍者竜騎士へのジョブチェンジは「ジラートの幻影」が、青魔道士コルセアからくり士へのジョブチェンジは「アトルガンの秘宝」が、踊り子学者へのジョブチェンジは「アルタナの神兵」、風水士魔導剣士へのジョブチェンジは「アドゥリンの魔境」が必要。

今までにリリースされた拡張ディスクは以下の通り。

それぞれ、既存ユーザー向けの追加パッケージ版と、新規ユーザー向けに各種アドオンも含めて全てセットにしたオールインワンパックヴァナ・ディール コレクション)、とりあえず始めたい人向けに拡張コンテンツのレジストレーションコードを含まない低価格なエントリーディスク(はじめてのファイナルファンタジーXI)がある。

装備品グラフィックアイテムデータの量に比べると、エリアデータは非常に大きい。
ダウンロードによるエリアの追加は、速度の出ない環境の人間がいることや、トラフィック量の増大を考えると難しいので、このような拡張データディスクでのエリア追加にせざるを得ないとのこと。
ただし、ダウンロード販売のみの拡張である禁断の地アビセア以降、バージョンアップ(ダウンロード)によるエリア追加も行われるようになり、その後の追加ディスクとなるアドゥリンの魔境においても、バージョンアップによるエリアデータの追加が行われており、長期間にわたる運営中のネットワーク環境の進化の歴史が伺える。

また、ヴァナ・ディールの星唄を最後まで遂行するには全ての拡張データディスクが必要となるが、PS2プレイヤーの中にはもうディスクが読み込めなくなっている人もおり、そういった人に配慮して拡張ディスクのデータもネットワーク経由でインストールされるようになった。そのため、2015年11月10日のバージョンアップ以降、拡張ディスクのインストールは不要である。ただし、そのディスクのコンテンツで遊ぶためにレジストレーションコードが必要になることには変わりない。

現在においてはWindows版のみであるが、すべての基本/拡張ディスク、及びオールインワンパックであるヴァナ・ディール コレクション3、ヴァナ・ディール コレクション4でダウンロード販売も行われている。

なお、アトルガンの秘宝アルタナの神兵アドゥリンの魔境拡張データディスクおよびオールインワンパック2006、はじめてのファイナルファンタジーXIヴァナ・ディール コレクションWindows版でもDVD-ROMのため、PCのディスクドライブが対応しているかどうかを確認すること。

関連項目

レジストレーションコード】【ヴァナ・ディール コレクション】【はじめてのファイナルファンタジーXI
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。