闇のクリスタル(やみのくりすたる/Dark Crystal)
クリスタルの一種。秘められた力は腐敗。
闇のエネルギーが封じ込められたクリスタル

通称、闇クリ

合成での活用は、腐らせるというよりは発酵させるというべきもので*1、皮をなめしたり、果実をワインにしたり*2といった用途に使われる。革細工をはじめ、黒インクヤグードドリンクなど需要の高いアイテム合成で大量に使用される。

キノコアンティカデーモンアーリマンなどのモンスタードロップする。アトルガンエリアでのインプウルガラン山脈モンスターを中心に、アンティカや高レベルでのデーモンなどからも供給され、最近では以前に比べると需給は緩み気味となっている。

かつて需給がタイトだった時期には、ザルカバードボスディン氷河など、天候になりやすい地域ではDark Elemental(通称“闇エレ”)狩りの冒険者が待機する光景もみられた。

NPCへの店売り標準価格は、80G。
三国周辺でもキノコ族屍犬族から手に入る割には、6属性クリスタルに比べ、高額な買い取り額になっている。

また、三国ミッション進行の際には、ガードトレードすると、6属性クリスタルの倍のランクポイントを稼ぐことができる。

闇のクリスタルドロップする敵



関連項目

クリスタル
*1
発酵と腐敗はどちらも、微生物などによって物質が変化する現象をいう。このうち人間に都合のよい変化を「発酵」、悪い変化を「腐敗」と呼ぶ。つまり中味は同じものであり、区別はあくまで主観的な物差しにすぎない。
*2
闇のクリスタル+サンドリアグレープ×4によるグレープジュースの作成などに代表される。プレイヤーサイドが「酒を飲める」という設定にすると色々と問題があるため、明らかにワインなのだがグレープ「ジュース」と名付けられている。本当に「ジュース」を作りたいのなら水のクリスタルを使うはずである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。