FINAL FANTASY III(ふぁいなるふぁんたじーすりー)
ファイナルファンタジーシリーズの3作目。

1990年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)よりファミリーコンピューターで発売。後年、大幅なリメイク版がニンテンドーDSに、更にiPhoneやiPod touch、Android(SQUARE ENIX Market版とGoogle Play版有)にも移植されている。
ジョブチェンジシステム、召喚獣モーグリなど、後のファイナルファンタジーシリーズに大きく影響を与えている。
なお、本作のプロデューサーは、FINAL FANTASY XIのプロデュースを手がけた田中弘道氏である。また、16年の歳月を経たDS版のプロデュースも、本人たっての希望により同氏が手がけている。
ためるぬすむとんずらかばうジャンプなど、多くのアビリティはこの作品が初登場である。ただしアビリティという名称はFF5になってから。
チョコボのテーマが現在のようなフルバージョンになったのもFF3からである。
より詳しい情報は公式サイトや外部のwikiなどを参照していただきたい。

FINAL FANTASY XIとの関連性



また、DSのリメイク版は前述した通り田中プロデューサの手によるものだけあって、「プレイヤーキャラ魔法を扱うときのモーションがFF11黒魔法を使うときのそれと同一」「リメイクに当たってラストダガーホーリーワンドなどFF11由来のアイテムが追加」「オリジナル版FF3にもあった守りの指輪がリメイク版ではキングベヒーモスから盗めるアイテムになっている」など、FF11から逆輸入された要素が多い。

外部リンク


関連項目

ファイナルファンタジー
*1
FC版では、シーフが火のクリスタル、風水師・空手家は水のクリスタル、賢者・忍者は封印された称号ジョブチェンジ可能になる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。