アルタナ(あるたな/Altana)
  1. 男神プロマシアと対をなす神。別名「暁の女神」。
    本項では、これについて述べる。
  2. 拡張データディスクアルタナの神兵」の略称。
  3. 拡張データディスクアルタナの神兵」を導入すると得られる効果であることを表す修飾語として俗に用いられる。
    アルタナエリア」「アルタナミッション」など。

女神アルタナ

女神アルタナのこぼした涙から現在ヴァナ・ディールで生きる5種族人間が生まれたとされている。
神々の間にはこの女神アルタナ男神プロマシアと思われる像がある。

ヴァナ・ディールに一般的に信仰されている神ではあるが、大きく分けて以下の宗派があるようである。

ウィンダス連邦タルタル族によって信奉されている「星の神子信仰」も、星の神子アルタナの生まれ変わりとしているところを見ると、アルタナ信仰の変形とも云えるかもしれない。

また、ミスラの「南方アニミズム」やガルカの「語り部信仰」*1のように、これらアルタナ信仰とは別の宗教観も存在する。
アルタナ」という女神は、個人によりその大小はあるものの、比較的身近に受け入れられている存在である、ということなのだろう。

詳しくは【アルタナ信仰】の項を参照。

関連項目

女神】【アルタナ信仰】【プロマシア】【人間/ネタバレ】【アルタナ/ネタバレ

外部リンク

*1
先祖崇拝であり、宗教というよりはむしろ一種の哲学に近い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。