チャージドホイスカー(ちゃーじどほいすかー/Charged Whisker)
  1. クァール族の使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

クァール族特殊技

自身中心範囲に雷属性ダメージを与え、追加効果として長めのスタンがつくことがある。空蝉も全て剥がされてしまう、実にいやらしい技である。
クァール特殊技にはダメージの無い弱体技が多いため、侮っていると手痛いしっぺ返しを食らう。
なおこの技は通常個体ではプロマシアエリアクァール、及びアルタナエリアリンクスのみ使用する。
リンクスの方が技数が少ないため、相対的にラーニングしやすいだろう。またリンクス暗闇を入れておくと、カオティックアイを使ってこなくなるため、さらにラーニングは容易になる。

名前は「蓄電された頬髭」という意味。

青魔法

Lv88 BP4 MP183 詠唱時間6秒 再詠唱時間90秒
系統:魔法-攻撃 属性: 追加特性:ギルスティール(6)
自身の周囲の敵に雷属性ダメージ

ステータスボーナス:HP-10 DEX+2 INT+2

倍率系統係数修正項目
4.50INT差×2.0DEX50%

消費MPサンダーIVと似ているが、こちらは範囲型の属性攻撃系青魔法である。
追加特性ギルスティールみんなの怨み槍玉と一緒にセットすることで得られ、3つともセットするとトレジャーハンターに変化する。

INTDEX魔攻をしっかりとブーストすれば、実用性の高い魔法系青魔法として運用することが可能。追加特性魔法攻撃力アップ属性杖ティール一式などを併用することであっさり4桁のダメージをたたき出すことができる。

また、属性攻撃系青魔法にしては珍しいDEX修正であり、殴り装備等に使用しているDEX装備をある程度流用することができる。ブルーバーストをする時には、魔法攻撃力を優先しつつ、数値によってはINTよりDEX重視の装備着替えるとダメージが伸びる場合もある。

2014年7月8日のバージョンアップで微妙にヘルプテキストが変更されている。

ホイスカー無双

青魔法範囲攻撃であっても、ガ系魔法などと違い、対象数によるダメージ減少がない。このため、大量の敵にまとめてダメージを与えるのに適している。
アビセアエリアでは破邪の人工アートマ獅子のアートマ雷刃のアートマなどの専用チューニングを施すことにより飛躍的にダメージが伸ばせるので、大量の敵を集めてきてまとめてチャージドホイスカーで吹き飛ばすことが可能。これをホイスカー無双と呼ぶことがある。

チャージドホイスカーを唱える前にブルーバーストメメントモーリを使い、敵には吶喊などを唱えておくとさらにダメージを伸ばすことが出来る*1
とは言ってもチャージドホイスカー一発でHP削り切るのはよほど属性魔法攻撃力強化しない限り難しいので、一発目のチャージドホイスカー後に怒りの旋風夢想花で寝かせて、リキャストが来たら二発目のチャージドホイスカーで仕留めるといいだろう*2。二人の青魔道士が協力するとさらに楽である。
雷属性チャージドホイスカーと同種類のアートマで威力を強化し易く追加効果スタンのあるサンダーボルト実装により、サンダーボルト夢想花吶喊ブルーバーストチャージドホイスカーが安定して繋げることが可能となった。

敵を集めてくる方法についてはシーフなどの回避ジョブを別に用意するか、防御性能は落ちるものの回避装備を整えた青魔道士本人がやってもそこそこ機能する。

但しアビセア内で同時に複数の敵を倒した場合、得られるクルオ経験値は8匹が上限なので効率よく稼ぐ場合、対象範囲をずらして使用等、敵を倒すタイミングをずらさなければならない。無論8匹以下の場合は何の問題もない。

関連項目

魔法系青魔法】【属性攻撃系青魔法】【フェルクリ無双
*1
テンポラリアイテム験者の霊薬があり、またビジタントの青発光が十分でその都度補給ができるのであれば、メメントモーリ験者の霊薬魔法攻撃力アップ強化枠が同じなため、より強化度合いの高い薬の方を使うと良いだろう。
*2
ただしこの際、チャージドホイスカーダメージ増強を目当てで雷杖等を装備している場合は注意が必要である。青魔道士はデフォルトで片手剣片手棍以外の武器スキルを持たないため、アビセアあたりのモンスターを相手に両手棍などを装備していると物理系青魔法はまず命中率が期待できなくなり、怒りの旋風などもほとんど当たらない。範囲スタン目当てであれば雷杖とも相性の良いテンポラルシフトを使うのも手である。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。