疲れ(つかれ/fishing fatigue)
  1. アクション釣りに於ける制限の一種。
    魚を釣ることで目に見えない疲労ポイントが溜まっていくこと。またはそのポイントのこと。

  2. アドゥリンエリアでの採集にかけられた制限。

1.アクション釣りの制限について

以下、2005年2月24日のバージョンアップより引用。
PCが「疲れ」を覚えるようになりました。
特にメッセージは表示されませんが、「何も釣れなかった」が連続で表示されはじめたら、
それが「疲れ」の兆候です。「疲れ」は、大量の獲物を釣り上げることで蓄積されていきます。
その場合はエリアの変更や休憩をお勧めします。

レベル20以上のジョブを1つも持っていないキャラクター、または初めてログインしてから2週間を経過していないキャラクターは、釣りによる疲れが蓄積しやすくなる。この場合、地球時間で1日に釣れる獲物の数は、外道モンスターを含めて10程度となる。

疲れの影響

疲れの溜まる行動

疲れの解消方法

正確には判明していない。

疲れ200制限

よく混同されがちだが、疲れ200制限は別々に計上されている。

混同しやすい内容であるため、200制限疲れについては、2012年11月15日に公式フォーラムにて、議論上の仮称が定義される一幕もあった。

あ、今後の便宜上それぞれ仮称を付けておきましょうね。
漁獲量上限の方は「漁獲疲れ
同じ場所で釣り続けるとコマンドリキャストが長くなる方を「連続疲れ
としておきますね。
200制限、だと数字が変わった時に名称変わっちゃいますので。)

疲れの貯まり方は釣り上げた獲物によって違いがあるのに対して、200制限に影響するポイントはスキルの上がる魚*1であれば、ザリガニでも伝説魚でも全て1ポイントである。
また、疲れは一定時間釣りをしないことでも徐々に抜けていくが、200制限地球時間の0時を跨ぐことでしか回復しない。

これらのことから、恵比寿釣竿について公式から発表のあった「釣り上げに成功した際に、疲れが減少する場合がある。」という性能は、純粋に「疲れ」を減少させるものであって、200制限を越えて魚を釣り上げることができるのは、また別の隠し性能ではないか?という指摘もある。

歴史

外部リンク

2.アドゥリンエリアでの採集の制限について

2013年3月27日のバージョンアップで導入されたシステム。
アドゥリンエリアでは同一エリア内で採集を続けると、回数をこなすごとに釣りのように「疲れ」が蓄積し(採集の「体力」が減り)、採集を制限される。
しかし徐々に良いものが採集できるようになっている。
エリア移動を行うことで、どちらの効果もリセットされる。
疲れは、時間の経過でも回復していく。

パイオニア・ワークス同盟戦績と交換できるワークスつるはし/ワークスまさかり/ワークス草刈鎌を使うことで、通常のつるはしなどに比べ採集の制限を緩和できる。

パイオニア・ワークス同盟戦績と交換できる各種だいじなものによって、採集にさらに有利な条件を得られる。
詳細は→採集テクニック伝授を参照。

採集疲れの適用されるエリア

リージョンエリア採掘伐採収穫備考
アドゥリン諸島ララ水道採集可能ポイントなし
東ウルブカ地方ヤッセの狩り場
ケイザック古戦場スタチューセグメントが手に入ることがある
エヌティエル水林スタチューセグメントが手に入ることがある
ヨルシア森林
モリマー台地
マリアミ渓谷
カミール山麓
シィの門
モーの門
シルダス洞窟
ドーの門
ウォーの門
リファーリア採集可能ポイントなし
ラ・カザナルラ・カザナル宮外郭
ラ・カザナル宮内郭採集可能ポイントなし

関連項目

アクション釣り】【200制限】【寝釣り】【業者
*1
自分のスキルから見てスキル上昇判定がある、という意味ではない
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。