FINAL FANTASY VII(ふぁいなるふぁんたじーせぶん)
スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売された、ファイナルファンタジーシリーズの7作目。
シリーズ初のPSソフトとしてリリースされた本作は、フルポリゴンによって描かれたグラフィック、多数の美麗なCGムービー、CDと言う大容量媒体を使ってなお複数枚組となるなど、良くも悪くもRPG史上のスタンダードを確立するに至った作品である。
この時は、スクウェアエニックスは合併しておらず、人気シリーズをPS版にいち早く移行したスクウェアと発売時期が数年単位で延期されたエニックスとでユーザー評価が大きく別れた。
発売の翌1998年、スクウェアは大々的に大卒の新卒採用を行なったが、資料請求の学生に配布された会社資料「AWAKENING」はFFVIIの各開発担当者の開発秘話で占められている。

ダメージを受ける事によって蓄積し、ゲージが溜まるとヘイスト+必殺技であるリミット技が使用可能になるリミットシステムは、爽快感あふれる戦闘の醍醐味として、その後のシリーズにも手を変え品を変え、FFXIでもWSとして登場する事になる。
魔法システムはFFVIの魔石システムを継承した形の、マテリアシステムだが、複数のマテリアを組み合わせる事で新たな効果が発動するなど改良が加えられた。アビリティでも本作では魔法同様マテリアを装備する事によって使用することが出来る。前作に引き続き、ジョブの概念はほとんど無い。

より詳しい情報は外部のwikiなどを参照していただきたい。

FINAL FANTASY XIとの関連性やその他の影響

トリプルミリオンを達成した超ヒット作である本作は、人気、知名度共に非常に高い。
クラウド、エアリスといったメインキャラクター、ヴィンセント、セフィロスといった美形キャラクターの人気は今もって高いものがあり、同社の他作品にゲスト出演したり、後年再び続編、前日談が製作されるなど、現在でも高い人気を維持している。
携帯用ゲームなどで敵側のキャラ(組織)が主人公となったり、OVAともいえる観賞用DVDが発売されるなど本作の設定をベースにした作品が多数発売されている。

WS

FFXIにおいても

など一部WS等にその名残が見られる。
バハムートの固有技である

の初出もこの作品である。

アイテム

ナイズル島踏査指令の100ブロックで手に入るクイックシルバーは、ヴィンセントの初期装備として登場している。

チョコボ

チョコボ育成も実はこの作品に存在している。すでにこの当初から掛け合わせによる配合やチョコボレースなどが存在し、チョコボレースメインストーリーにも絡んでくるイベントであった。

派生ネタ

匿名掲示板などでも、両手剣を使うヒューム戦士クラウド等がネタとして使われ続けている事を見るに、やはりその影響力にはすさまじいものがあるようだ。

外部リンク

本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。