ラミア13号討伐作戦(らみあ13ごうとうばつさくせん/Lamia No.13)
イルルシ環礁/イルルシ環礁監視哨で行われる一等傭兵アサルト
死体を弄んで禍々しい実験を繰り返していることが知られ、
皇国兵士の間で恐れられているラミア13号。
不滅隊より、そのラミアを発見したとの連絡が入った。
アサルト要員はただちに現場に急行し、ラミア13号を討伐せよ。

作戦領域:イルルシ環礁
作戦目標:ラミア13号の討伐
募集要員:レベル70 1~6人
作戦戦績:3,600
戦闘有無:作戦次第

内容

【敵】

目的はラミアの討伐であるため、フォモルを倒す必要はない。
さらに、フォモル魅了されている兵士という設定のため、ディスペルフィナーレなどをかけることによって魅了解除が可能である。魅了解除するとNPC化しこちらとともにラミア攻撃に参加してくれる*1
ラミアベリーダンスというWSを使用する。範囲内のPC、もしくは範囲内のフォモルのどちらかを魅了してくる(PC,フォモル両方が1回のダンス魅了されることはない)。ただし、ベリーダンスの特徴の一つである視覚判定はこのアサルトだけは例外のようで、背を向けていても魅了されてしまうので注意が必要。

攻略方法

Lv99(アイテムレベル)時代

ソロでもクリア可能。火力があるジョブであればラミアだけに集中攻撃すれば良い。アイテムレベルにもよるが、自己回復はあったほうがベター。
万全を期すなら青魔道士赤魔道士など、ディスペル要素が使えるジョブで挑み、フォモルへの魅了を解除しつつ戦えば良い。
ペットジョブであればペット魅了されることは無いので、さらに安全に戦える。ただしペット以外はラミアから距離を置かないとベリーダンスに巻き込まれるので注意。

Lv75キャップ時代

ディスペルフィナーレブランクゲイズなどが使える魅了解除役を複数用意。できれば全員ディスペルは使えるようにしたほうがよい*2

という手順をとることが多い。

この場合、ラミア本体はもちろん、魅了中のフォモル又はPCに何らかの敵対行動を取ったりラミアヘイトリストPCが載ってしまい、ケアルヘイトのせいで終始追いかけられるということもあるので、魅了解除以外の行動は極力控えたほうが良い。魅了中のフォモルや人に対してディスペルを唱えることは問題ない。ただし、レジストすると一時的にターゲットにされるので注意。

PC魅了された場合、プロテスシェル呪歌等がかかっていると魅了解除に手間取る。また空蝉の術がかかっているとディスペル自体を回避されてしまう。強化は最低限(忍ならヘイストのみなど)にするほうがよい。空蝉の術に対しては、スリプガ(魔物達のララバイ)で剥がしつつ寝かせてから解除にかかるとよい。
しかし、そういう意味では万が一に備え、PCフォモル共に何も強化をかけないのが一番安全ともいえる。もちろん状況に依るが、少なくともフォモル強化をかけることはタブー。そのせいでディスペル魅了以外の強化を解除してしまいラミアフォモル共にタゲPCに向くことになり非常に危険。

なお、ラミアヒーリング感知範囲はかなり広く、ベリーダンスのログが見えなくなるぐらい離れないとあっさりヘイトを持ってしまうことがある。

フォモルは無限に等しいMP、相当のHPと結構な火力を持つこと、ラミアは弓装備時は距離があると遠隔攻撃しかせず、移動速度PCより遅いこと、一撃で倒されるような破壊力ではないことなどから、少人数での攻略が可能な一因となっている。

なお、フォモルを倒してしまっても特にペナルティはなく、それどころかラミアと同等の経験値が得られる。(ラミア経験値はレベル75で124程度)戦績目的ではなくPC人数が多い場合は、寝かせ→フォモルも含めて端から殲滅、といういわゆるBF戦法も可能である。ただしラミアは多少睡眠耐性があるようだ。

初期はいっそ全員範囲内で魅了されて自然解除まで待つ、という戦法が取られることもあったが、時間がかかること、ラミアHP回復してしまうこと、また魅了ハーフレジストレジストなどしてしまうと、もれなくPCを含めた全員から嬲り殺されることから、現在ではあまり行われていないようだ。

ちなみに、ペットに対しての魅了は無効である。このためを入れてペットラミアタゲを取らせると魅了をほとんど無効にできるのでかなり楽になる。ベリーダンスフォモルPCかのタゲを取ってる方のグループにしか作用せず、フォモルよりペットの方が高ヘイトになりやすいので、ペットジョブ以外は最初の魅了解除以降ほとんど遠巻きに見ているだけで済んでしまうほどである。ただし、ペット以外はラミアから距離を置かないとベリーダンスに巻き込まれるので注意。

その他



アサルトの人気

人数緩和が行われる前は、土竜作戦秘密訓練所急襲作戦と並んで募集の多いアサルトの一つだった。
少人数で攻略可能なこと、作戦戦績が比較的多いことが人気の理由。もっぱら戦績目的の3~4人での募集が多かった。

関連項目

アサルト】【ストームガンビエラ】【インペリアルボウ
*1
本来の魅了ディスペルでは決して解除されないのだが、当アサルト魅了のみ特別な扱いとなっている。
*2
弱体魔法スキルのあるジョブとないジョブレジスト率はかなり違う。元々フォモル闇属性耐性が高く、特に黒タイプであるFallen Imperial Wizardは弱体魔法スキルのないジョブディスペルをするのはかなり危険。できれば赤魔道士弱体魔法スキルのあるジョブ、もしくは光属性ディスペルが行使できるジョブに任せたほうが無難である。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。