バグ(ばぐ/Bug)
  1. 英語で虫の意味。
  2. 転じて、コンピュータプログラムの中にある異常個所を指す。
    コンピュータの黎明期に、回路の中に蛾が詰まって動作不良を起こした事から、プログラム異常をそう呼ぶようになったといわれている。

一般に日本語では「不具合」と称されることが多い。FF11での公式な呼び方も「不具合」である。
バグバージョンアップ直後に多数見つかることが多く、後日の緊急メンテナンスで修正されることがある。また、その後のバージョンアップ時に「その他の不具合を修正しました。」とまとめて直されることもしばしばである。

修正を施すために作られた新旧プログラムの差分のことをパッチと呼ぶが、その内容チェックが不十分だとパッチを適用することが原因でさらにバグが発生したりとタチが悪い。

一見バグと思しきものでも、スクウェア・エニックスが「それは仕様です。」と言ってしまえば*1全ての事象が仕様であり、バグでは無い。しかし、どう見てもバグなのものを「それは仕様です。」と言い放ったり、そう言った事象が後になって「不具合の修正」というアナウンスと共に直ったりすることもあるので、「それは仕様です。」は一時しのぎの言い訳ではないかとする説が有力視されている。

現在ユーザー間でバグではないかと囁かれている事象の一覧

下記は、公式にはバグと認められていないもののリストである。
区分内容
召喚士契約の履行召喚獣ラムウの一部契約の履行の際に、モーションが表示されない。
召喚士契約の履行召喚獣ガルーダ契約の履行エアロII」がエアロガIIのエフェクトになっている*2。単純にプログラム側のエフェクト割り当てミスと思われ、効果範囲自体は単体。
召喚士契約の履行召喚獣契約の履行マジックバーストした際、ハーフレジストされると「マジックバースト!」という表示が出ない。
召喚士契約の履行ルナーロアを使用した際ログが出ない。詳しくはルナーロアを参照のこと。
召喚士アストラルフロウ履行に必要なMPが足りない場合、普段は履行を命じられないが、究極履行だけは命じられる。そしてMPが足りないので発動せずリキャストだけ残る。
オートアタックオートアタックを実行した際、サブターゲットをいじっていると極稀に自分にターゲットが合ってしまい、一旦攻撃を解除するまで敵のHPゲージが見れなくなる。<bt>マクロは有効。<stnpc>も使えるが、敵を選んでも自分がターゲットされる。
オートアタック魔法効果等のグラフィックエフェクトが掛かっていると、オートアタックの移行/解除が出来ない。(いわゆる「硬直」1項)
武器追加効果グリップ装備中、もしくはエン系魔法が掛かっていると、本来武器に付属している追加効果が発動しない。*3
モンスターWindows版のみ、甲虫族の右前足の爪が後ろ向きに付いている。
敵の挙動スタンを掛けると、直ると同時に自身にストナを掛けることがある。詳しくはスタン参照。
装備品スタンジャマダルクァールジャーキンNQHQ装備可能ジョブが違う。*4
インビジスニークアルタナの神兵発売時におけるバージョンアップ後、インビジスニーク効果時間が極端に短くなった。*5
ロールエフェクトヒーラーズロールエボカーズロールエフェクトが、似た性能を持つリジェネリフレシュと入れ替わっている。意図的なものであるか、バグであるか判断のしようがない。
サンクションシグネットだけでなくサンクションでも装備品自国/他国支配地域限定の性能を発揮させることができる。
モグハウスモグハウス内で一歩も動かずにログイン/ログアウトを繰り返すと、キャラがどんどん斜めを向いていく。
NPC街中で一定の範囲内を移動するNPCが、たまに地面に吸い込まれるような奇妙な動きをすることがある。*6
エフェクト、カーソルエフェクトやカーソルが画面の右端にはみ出すと、はみ出した残りが画面左端に表示される。
フェローシップ戦闘中、フェロー詠唱時間の長い魔法を詠唱開始した際にヒーリングし、詠唱中断前にヒーリングを解除すると、立ち上がった後に魔法が発動する。同様に、詠唱時間が早い魔法の場合、ヒーリングしながら魔法が発動する事もある。
フェローシップ戦闘中、フェローが自分自身への強化魔法を詠唱している最中に敵を倒すと、フェロー魔法が発動せず、詠唱エフェクトが長時間出っ放しになる。この状態になると、一定時間が経過するか次の戦闘に入りフェローが新たに魔法を唱えるまで、エフェクトが出続ける。
フェローシップフェロークリティカルヒットエフェクトモンスタークリティカルヒットエフェクトと同一。*7
ドロップアイテムアルタナの神兵導入以後、ベドーのSapphire Quadavがウォータ系のスクロールを一切ドロップせず、代わりにそれまでドロップが確認されていないブラインバインドドロップする。
FF11自分と他人で地形の判定が若干異なる。段差のある地形の端ギリギリに立つと、自分自身では宙に浮いて見えるが、他人からは段差を下りてるように見える。これを利用すると、崖の下に飛び降りた後、あたかも不正ツールを使用したかのような脅威的な段差登りを演出する事が可能。
FF11複数の言語別にFF11をインストールし、1つだけバージョンアップした状態でログインすると、様々なロググラフィックが乱れる。
FF11初代→プロマシアアトルガンアルタナジラートの順にインストールすると、バージョンアップエラーが発生する(全てをクリーンインストールするしか対処方法がない)
カンパニエカンパニエバトルにおいてユニオンに参加し、バトル終了後にエリア移動をせず装備を着脱すると再び装備できなくなる。ユニオンロットが完了しアイテムが配布されても、時間経過によって「ロット権が剥奪されました」とメッセージが表示されるまで装備不可能。これはログアウト-ログインを繰り返しても装備できない。デュープバグを防ぐためにパーティー内とユニオンドロップ品を分けるための仕様であるが装備できなくなるのはバグと見て差し支えないだろう。

現在公式に認知されているが修正されていない不具合の一覧

区分内容
キャラクター作成PlayStation2版において、ミスラF6を選択した際にフリーズする(2007年3月8日バージョンアップで告知)。
アトルガン白門NPCPS2版でアトルガン白門の一部のNPCに話しかけるとチャット以外の操作が不能な状態になる、またはフリーズする、ハードディスクが異常停止しブラックアウトする。いずれも重要NPCなうえ、ハードディスク破損の報告もあり、非常に深刻な不具合である。



関連項目

パッチ】【緊急メンテナンス】【それは仕様です。

外部リンク

→PlayOnline.com →サービス&サポート →メールでのお問合せ →ご意見・ご要望メールフォーム
*1
時にGMから「それは仕様です。」と言われることも。
*2
イフリートの「ファイアII」など、他の召喚獣精霊II系履行エフェクトは正常。
*3
付加できる追加効果は1つであるという仕様の可能性もある。
*4
アルタナの神兵で追加されたリンクスマント+1も同様に装備可能ジョブが異なるため、暗に「それは仕様です。」と主張しているのかもしれない。
*5
エリアを簡単に走破させないために、意図的に効果時間を短縮したのでは? という邪推をしてしまうほど、インスニの切れ具合が顕著である。
*6
ウィンダス水の区調理ギルド前や、ジュノ上層M&Pマート前で走り回る子供タル♂、ジュノ下層魔法屋の上の階にいる子ミスラなど。PS2版での報告はないため、PC版独特の不具合である可能性が高い。
*7
通常攻撃のエフェクトPCと同一である。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。