言語(げんご/language)
コミュニケートを行うための音声や文字などの記号の体系のこと。
狭義には人間の音声による音声言語を指すが、広義には身振りなど音声以外の要素も含む。

ここではFFXIに関する言語について解説する

ヴァナ・ディールにおける言語

人間言語

人間諸部族は基本的に共通語を使っており、全世界・全時代(1万年前のジラート時代も含む)において人間同士は容易にコミュニケートを取ることができる。

語群

共通語には地方ごとに微妙に異なる訛りが存在し、「○○語群」と呼ばれている。

これらの語群の違いはほとんど文面から区別できないが、バストゥーク出身のヒュームが訛りを指摘されるシーンがある*1ことから、イントネーションは微妙に異なっているようだ。

さらに、ウィンダスでは南方系共通語(エルンサ語群)と呼ばれる言語が使われている。各国のNPCの言葉は文字上ではあまり訛っていないが、オルジリア出身のミスラは日本版クライアントでは関西弁で表現されており、これによって「南方の共通語」を表現していることがうかがえる。

さらに中国人っぽく訛っているウルブカ大陸のNPCや、色々な地方の言葉が混じって何が何やら分からなくなっているメイジャンモーグリもいるので、他にも微妙に異なる様々な語群があることがうかがえる。

国家使用言語
サンドリア王国共通語(シャンターニュ語群)
バストゥーク共和国共通語(グスタベルグ語群)
ウィンダス連邦共通語(ミミノル語群・シャクラミ語群・カザム語群)
南方系共通語(エルンサ語群)
公式設定資料集より)

タルタル

タルタル語と呼ばれる言語が存在するが、「古~」とあるように日常生活ではほとんど使われることがないようで、一部の地名のみにその痕跡を見ることができる。
タルタル意味
サルタバルタ約束の地
コルシュシュ決断の地
オンゾゾ貝塚
ドロガロガ天龍

タルタル語の単語はタルタルの名前と同様の韻を踏んでいるようで、一見しただけではそれが人名なのか、古タルタル語なのか判別することはできない。例えば、地名の中でもトライマライ水路は人名に由来している。

エルヴァーン

エルヴァーン語と呼ばれる言語が存在するが、ほとんど日常生活で使われないのは古タルタル語と同じ。

こちらも一部の地名のみにその名残を残している。
バルドニア』:古エルヴァーン語で『人外の地』
フォルガンディ』:古エルヴァーン語で『凍土』

また、だいじなものの中には古代サンドリア語で書かれた文書や物品*2がある。おそらく古エルヴァーン語と同一か近いものだろう。

その他

カダーバの浮沼の設定では、カダーバはイフラマド語で「迷夢」の意味とされており、この地方にも独自の言語があったことが分かる。

現在のイフラマド地方の住人(皇都アルザビの住人)や、イフラマド王国幽霊も共通語を話しているので、既に使われなくなって久しいか、限定的にしか使われない言語であると思われる。

獣人言語

獣人の多くとは共通語で会話が可能だが、中には独特の言語を持つ種族もいる。

ゴブリンは様々な種族と取引を行う関係か、様々な言語を話すことができる者がおり、リーダヴォクスのように通訳として雇われることがある。また人間にも、レオノアーヌのように獣人言語に造詣が深い者もいる。

オーク族

訛った共通語を話す個体もいるが、日常的にはオーク語を使用しているようだ。オークの名前のように韻を踏んでおり、この点では古タルタル語と似ている。サンドリア軍にはこの言語に精通しているものも多い。
コデックドロッグヴェック
ヴォックブロックグレッグ!

ヤグード族

ヤグード語を使用するが、比較的滑らかな共通語を話すこともできる。またキープという道具を使い、結び縄文字*3で情報をやり取りしている。

人間のところから逃げ出してギデアスにたどりついたヅェー・シシュ人間に育てられたためにヤグード語を話すことができず、もう少しで異端として処刑されるところだったというエピソードがある。
ハッモヤラーム……
サルミ、コポラーイ?

クゥダフ

クゥダフは間延びしたような訛った共通語を話すとはいえ、普通に人間とコミュニケートが可能である。

ただし、修道士ジョゼクゥダフと邂逅した際、Leadavoxクゥダフの言葉で会話をする描写があることから、独自の言語も持っているようだ。

もっとも、冒険者クゥダフと誤認して話しかけた際(「クゥダフの博雅」など)にも訛った共通語を使っているので、普段から両方の言葉を使っているのだろう。

ゴブリン

ゴブリンの言葉には「ありがとう」に相当する言葉がない*4、という台詞があることから、ゴブリンにも独自の言語体系が存在するようである。

ただし、多くのゴブリンは片言、もしくは流暢な共通語を使うため、ゴブリン語を見ることはほとんどない。
アィキァトビリディハプゥ!
イィニィブディウェトゥファンアゥ
プァフックノックスゥネヴァビィブゥトゥショ
ハァプティゴビィフェスンパブリッアガ……

モブリン

モブリン語と呼ばれる独自の言語体系とモブリン文字*5を使っている。「タンキヤー」という「ありがとう」に相当する単語があることから、ゴブリン語ともまた異なるようだ。

英語を訛らせたような言葉になっているが、中には全く理解不能なものもある。
詳細はモブリン語の項を参照。

巨人

巨人語と呼ばれる独自の言語を使用する。共通語を話せないようだが、傭兵として人間にも獣人にも雇われることがあるため、コミュニケートを取る方法はあるようだ。

エグセニミルなどは何となく言っていることが分かるらしい。
ウゴゥッ!グゴッホ、ガグゥッ。

アンティカ

独特の発声器官*6を用いてコミュニケートをしており、アンティカ以外の種族は通常の方法ではコミュニケートすることはできない。

ただし、アンティカ語を聞き分け、それを再現する技術は必要になるが、シフートという弦楽器を用いてコミュニケートをすることはできる。アンティカタグなど、何かしらの文字も使っているようだ。

トロール

トロール語と呼ばれる独自の言語を用いている。一見何を言ってるのか分からないが、解読の方法はある。詳細はトロール語の項を参照。

マムージャ

アトルガンミッション少女の傀儡」ではマムージャの会議をリシュフィーが翻訳するシーンが出てくることから、普段は独自の言語を用いている模様。

ただし、下位の兵士も含めて共通語の習得率は高く、人間の前では共通語を話している。

トンベリサハギンラミアメローヴェルク

独自の言語は使用せず、共通語を話すが、片言のトンベリなど、微妙に訛っていることもある。サハギンのように流暢な共通語を使用する種族もいる。

文字

ゲーム中には様々な文字が存在する。共通語を話す獣人であっても、文字は独自のものを使っていることがある。

また、ゲーム中にはアルファベットや数字、漢字のようなある程度リアルに基づいた文字が登場する。ただし、世界設定上は現実世界の文字がそのまま使われているわけではなく、あくまでこれらはヴァナ・ディールの文字であるため、アルファベットや数字とは基本的には別物である*7。これらは「それっぽいけど別物」と考えておこう。

漢字

夏団扇の「夏」、祭団扇の「祭」は東方の文字とされており、東方では漢字に似た文字が使われていることが分かる。他には五色天華の「婆那砲」、ジョブエモーションの「風林火山」などがある。

ただし、前述のようにこれらは漢字に似てはいても同じものではない。

梵字

忍術を使用するときには梵字のようなエフェクトが発生する。ただし、現実世界の梵字にアレンジが加わっており、同じものではない。

アルファベット

いくつかのクエストなど、ゲーム中にはアルファベットをキーにしたアイテムや台詞が登場する。

また背景に描かれた英語らしきアルファベットが存在することから、ヴァナ・ディールの共通語は英語に近い言語のようだ。

"No Entry"と書かれた看板
例)ジュノ上層の看板。アルファベットで"No Entry"と書かれている。

古代文字

古代魔文字(アプタントバリスタの大典)、古い象形文字(印章などトリガーアイテム)などがある。

獣人文字

トンベリの使用する呪いの古代文字*8マムージャの使用するマムージャ文字(マムージャの木簡)、アンデッドであるフォモルの使用するフォモル文字(フォモルコデックス)などがある。

またガリスントリガーアイテムシシュの親書から、獣人軍が象形文字を使って情報をやり取りしていたことが分かる。

その他

ルーン文字(エインヘリヤルの証)、楔形文字(謎の証文)といった文字がある。

また、ゲッショーの達筆な東方文字に触発されて、トリオン王子は独自に考案した文字を普及させようとしているらしい。ただし、現時点ではそれでコミュニケートを取れる相手はピエージェくらいしかいない。

リアル言語

FFXIには日本語、英語のバージョンが存在する。2007.3.82014.7.8の間はドイツ語フランス語もサポートされていた。

PC名やNPC名など各国で共通のものもあるが、台詞やアイテム名などは各国語版にローカライズされている。

言語間でのコミュニケートを支援するために、定型文辞書や、ゲーム内用語対応表が用意されている。

もっとも、ゲーム中のコミュニケート言語日本語か英語が大部分を占めるため、そこそこの英語力があれば割と何とかなったりもする。

稀にピンインと呼ばれる中国語のアルファベット表記を見ることもあるだろう。

アイテム名称には神話などから名前が取られていることも多く、古英語やノルド語(古代北欧語)、ギリシャ語、ラテン語などが使われている例もある。

関連項目

【日本語】ドイツ語】【フランス語
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
クエスト稀なる客人」「土噛みし拳」より。
*2
古代サンドリア語の古文書古代サンドリア語の石版星の指輪など
*3
紐に結び目を付けて情報を伝達する原始的な視覚言語現実世界ではインカ帝国がキープという縄を用いていたことで知られる。
*4
原文では「獣人の言葉」だが、モブリン語では感謝を表す言葉があるので、そのNPCが使う獣人の言葉、即ちゴブリン言語のことと解釈する方が妥当だろう。
*5
だいじなものモブリン楽譜」で使われている。
*6
気道を震わせて音を発し、振動のパターンと組み合わせによって言語を構成する一般的な「声」ではなく、頸部の外骨格を摩擦して音を発し、その強弱と間の取り方で信号を伝達するモールス信号のようなもの。
*7
第29回もぎたて ヴァナ・ディール「知っ得!ヴァナ・ディール」のコーナーより。このコーナーでは「ひんがしの国では、漢字が使われていない。」という表題がついているが、アルファベットにも共通する趣旨である。なお、このコーナーでは「風林火山だけ例外」と言っているが、実際には他にもいくつかある。
*8
力のこもった文字とされており、日常生活で使われているわけではないようだ。トンベリが筆談で人間とコミュニケートする場面があり、共通語は言葉だけでなく文字も使いこなせることがうかがえる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。