ヒーラーズロール(ひーらーずろーる/Healer's Roll)
コルセアジョブアビリティファントムロールの一つ。Lv20で使用可能。
白魔道士のダイスを使用することで習得できる。

範囲内のパーティメンバー被ケアル回復量をアップ。 ラッキーNo.3、アンラッキーNo.7

2012年2月14日のバージョンアップにて、効果がヒーリングMP量アップ → 被ケアル回復量アップに変更された。
ケアル回復量をアップするためメンバー全員にメリットがあるが、最もその恩恵に与れるのはやはり盾役であろう。

効果

出目被ケアル回復量+被ケアル回復量+
サポコ
ボーナスなしジョブボーナス
1+3%+7%+2%
2+4%+8%+2%
3+12%+16%+6%
4+5%+9%+3%
5+6%+10%+3%
6+7%+11%+4%
7+1%+5%+1%
8+8%+12%+4%
9+9%+13%+5%
10+10%+14%+5%
11+16%+20%+8%
バスト-4%-4%-4%

旧効果

以前の効果は「範囲内のパーティメンバーヒーリングMP量をアップ」であった。
出目ヒーリングMP+ヒーリングMP+
サポコ
ボーナスなしジョブボーナス
1+2+5+1
2+3+6+2
3+10+13+5
4+4+7+2
5+4+7+2
6+5+8+3
7+1+4+1
8+6+9+3
9+7+10+4
10+7+10+4
11+12+15+6
バスト-3-3-3

当初はヒーリングMPなんて…と思われていたが、元々後衛出身者のコルセアなどはヒーリングMPの重要性を熟知しており、実際に使用したところやはり有るのと無いのでは大違いであり、瞬く間に広まるに至る。MP消費ジョブに於けるヒーリングMPクリアマインドなどと言ったものが如何に縁の下の力持ちであったかを伺わせるエピソードである。

冷静に効果を考えてみれば、アルザビコーヒー(hMP+3)並みの効果が出る上、パーティにいるだけでコーヒーもう一杯お代わり(hMP+3)出来る。出目が良い場合ダークスタッフ(hMP+10)が沸いて出た程の効果が出る事もあるわけで、低レベルから使えるロールのうち、大変優れたロールであった。

しかしながらリフレシュ手段の増加、およびヒーリング自体が殆ど行われなくなる等のプレイスタイルの変化に伴い、ロール効果の見直しの一環として現在の効果に変更された。サポ白にしてソロ活動する際には非常に有用な効果であったヒーリングMPの削除だが、これも時代の変化というものであろうか。

関連項目

ファントムロール】【白魔道士】【バスト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。