ルナーロア(るなーろあ/Lunar Roar)
  1. 召喚獣フェンリル召喚中に使用できる契約の履行:験術の一つ。
  2. Fenrir PrimeのTP技の一つ。

1.フェンリル契約の履行:験術

召喚獣フェンリル召喚中に使用できる契約の履行:験術の一つ。
範囲内の敵の魔法効果を2つ消し去る。

修得Lv32、消費MP27。

もっぱら赤魔道士ディスペルと同じような認識で使用されるケースが多い。

効果だけを見ると有用な履行に見えるが、そもそも範囲の敵に強化魔法が複数掛かっている状況が稀である。また範囲自体は狭いものの2016.9.6 効果範囲拡大)、関係ない敵まで巻き込む恐れがある。さらに召喚履行の手続きを踏まなければならず、消費MPディスペルより多く、低中レベル帯では履行の1分縛りを受け、とディスペルには及ばないのが現状である。

ルナーロアが成功した場合は、ログが一切表示されず何が消えたのかわからない*1。それでもディスペルを使える人材が居ない場合は、この履行が役に立つだろう。

追記としてアトルガンの秘宝により追加されたアサルトの一つ、ラミア13号討伐作戦に登場するラミア魅了されたNPCPCを、ディスペルフィナーレ等と同様にこの履行の効果で解除することが可能。範囲ディスペルの効果を実感できる瞬間である。

2.Fenrir PrimeのTP技

クエスト月の導き」で戦う事になるFenrir PrimeのTP技の一つ。
前述のフェンリル契約の履行をより強化したようなもので、「こちらのかかっている強化を100%全て消す(魔法効果のみ。シグネット食事は消えない。)」という性能。さらに遠隔攻撃並みの射程を有しており、どうやってもパーティメンバー全体の強化が全て消されてしまうケースがほとんど。
単なるディスペガと思わず警戒すべし。

関連項目

召喚士】 【フェンリル】 【契約の履行】【ディスペガ】【ガイストウォール
*1
ミスの場合はミスと表示されるが成功した場合は何が消えたのかが判らない。もっといえば、ミスが表示される事実を知らなければ、成功したのかすら判らない。フェンリル実装当初から1年ほどは、きちんと何の効果が消えたのかログに表示されたのだが、いつの頃からか表示されなくなって久しい。これは成功した場合のログが「フェンリルの見ているログ」にのみ表示されるのが原因と推測される。同じ現象がフェンリル履行上弦の唸り」にも起きているが、こちらはむしろ無駄なログが流れないで済んでいるために問題視されていない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。