イフラマド王国(いふらまどおうこく/Kingdom of Ephramad)
およそ200年前までエラジア大陸に存在した海軍国家。
海の支配権を巡りしばしばアトルガン皇国と対立していたが、マムージャ蕃国と手を組んだ皇国によりわずか八日のうちに滅ぼされた(八日戦争)。

NPCの台詞からアルザビが旧イフラマド領ということがわかる。
ナシュモ行きの港は、イフラマド港と名づけられている。
アトルガン皇国への報復としてルザフ王子(Luzaf)がコルセアを誕生させた。


関連項目

アトルガン皇国】【イフラマド金貨】【コルセア
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。