エンチャントルーン(えんちゃんとるーん/Rune Enchantment)
魔導剣士アビリティLv5で習得する。
自身にルーンを宿す。

ファントムロール戦術魔道書と同じく、実際に使用するのは「エンチャントルーン」サブメニューにまとめられた以下の8種類。
→ルーンの担い手「魔導剣士」によれば、かつては序章「火のイグニス」に始まり段階を追って各ルーンを習得していったらしいが、現代の魔導剣士は8属性同時に会得できる。

名称属性効果
イグニス耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
ゲールス耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
フラブラ耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
テッルス耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
スルポール耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
ウンダ耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
ルックス耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。
テネブレイ耐性をアップし、さらにの付加ダメージを与える。

効果時間は5分、再使用時間は5秒で、マニューバのように全てのルーンで共有している。
同時に宿せるルーンの数はLvと共に増加し、習得時点で1つ、Lv35で2つ、Lv65で最大3つまで宿せるようになる。

ルーンを宿すと、基礎的な効果として宿したルーンの「劣位属性*1」に対する耐性値が上昇し、オートアタックルーン属性の追加ダメージが発生する。

ワードエフューズに属するアビリティルーンが宿っている状態でのみ使用可能になる。
ワードルーンの効果を消費しないが、エフューズではルーンの効果が消費される。詳しくは各項目を参照。

耐性アップ

エンチャントルーンによる耐性値の上昇量はレベルと共に増加し、レベル99では1つのルーンにつき+54の耐性値を得られる。
メリットポイントエンチャントルーン効果」によって、さらに能力値1ごとに耐性値を+2ずつ、ジョブポイントエンチャントルーン効果アップ」によって、能力値1ごとに耐性値を+1ずつ上昇させることが可能。よって、最高で1ルーンにつき+74の耐性値アップが可能である(2014/03/30現在)。

同じ属性を重複して宿した場合、耐性値と追加ダメージが増幅される。2属性以上のルーンを同時に宿した場合は、耐性値はそれぞれ別個に上昇する。追加ダメージは後から使用したもので上書きされるが、重複して宿っている属性がある場合はそちらが優先される。

耐性アップの効果は重ねて使用するごとに目に見えて変化し、魔法ダメージ魔法属性ダメージの軽減から、弱体魔法物理攻撃に付与されている弱体効果等のレジスト率にも大きく影響する。バ系魔法で更に耐性アップを行うことで、魔法属性に対しては文字通り鉄壁な盾となれる可能性を秘めたアビリティである。

付加ダメージ

エンチャントルーンによる付加ダメージの仕様はエン系に類似するが、魔法剣ダメージは条件をそろえると常に固定値が出るのに対し、ルーンの付加ダメージ物理攻撃のような振れ幅を持っている。とは言え魔法ダメージであることに変わりはないため、エン系同様天候弱点属性の影響を受け、ダメージが変動する。
また、使用する武器によって付加ダメージは大きく変化し、一般に攻撃間隔の長い武器ほど1回あたりの付加ダメージは大きくなる傾向にあるようだが少なくとも比例、反比例といった単純なものではなく、詳細は不明。
異なる属性ルーンを付与した場合、数が多いものがあればその属性が(火、火、土の順に付与すれば火)、同じ数であれば最後に付与したもの(火、光、土の順に付与すれば土)が付加ダメージ属性となる。
属性ルーンを複数付与すると付加ダメージは大きくなっていくが、2つ付けても2倍とはならず1.5倍程度となるようだ。

エン系オースピスサンバと相互に上書きせず同時に付与することができるが、それらの追加ダメージは発生せず、ルーンの追加ダメージが優先される。
この特性でエン系魔法の追加ダメージが発生しない為か、エンライト命中アップ・エンダーク攻撃力アップが減衰しなくなる。
ルーン効果時間エン系魔法より長いため、常に両エン系命中攻撃アップの最大値を維持できるようになる。

名称について

ルーンの名称はラテン語に由来する。(イグニス=火、ゲールス=霜、など。)
また、かつて存在した未実装魔法に「ルーンイグニス」というものがあった。

歴史

2013年4月30日のバージョンアップ耐性値の上方修正が行われ、ルーン1つにつき+32→+54となった。
2014年2月18日のバージョンアップ再使用時間が10秒→5秒に半減され、同様に敵対心も半減された。また、同バージョンアップで付与したルーンディスペルで消されないようになった。
2014年6月17日のバージョンアップで、3つのルーンの効果を得ている状態でワード系のアビリティを使用した場合、ディスペルワード系のアビリティの効果が消されなくなった。
また、エンチャントルーンを使用した際に敵対心が発生しなくなった。

関連項目

魔導剣士】【ルーン】【エフューズ】【ワード
*1
は相反属性
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。