Belphegor(べるふぇごーる)
醴泉島に出現するコース族クマカトック)のNM
2015年11月10日のバージョンアップで追加された。

出現条件

ギアスフェットの条件を満たした上で、醴泉島に点在する???調べることにより出現する。

グリスリートリンケットベルフェゴールの冠」の入手には、下記何れか一種が必要になる。

特徴

コンテンツレベル129に相当するモンスター

魔法ドレインアスピルウィルススリプガII、バーンファイアVI、ファイガV、ファイジャフレアIIインパクトを使用する。
PC魔法をオウム返しする*1。終盤に連続魔を使い、効果時間中はメメントモーリを複数回使用するため魔攻がとても高くなる*2
必要命中はおおよそ1170程度。打属性WSで白弱点!!が出るようだ。

攻略例

ダンスマカブル(単体魅了)を使用してくるため、盾役フェイスに任せると楽になる*3
必要命中を達成したモンクや青等でソロも可能。安定させるなら吟遊詩人風水士白魔道士編成すると良い。

ソロで戦う際はフェイス盾役としてナイトタイプを1人、ヘイストIIやマーチ要員として赤魔道士吟遊詩人を1人づつ、ヒーラーとして白魔道士を1人。残る枠は固有の回復アビリティ目当てでセルテウスイロハII、もしくは2人目の白魔道士といった編成がお勧め。
ハデスサモンズメメントモーリ無しの状態、且つシェルV有りでも2300オーバーを叩き出して盾フェイス即死する時もあるので、フェイスの絆期間中以外で挑む際は盾役を2人に増やすのも良い。

吟遊詩人青魔道士メメントモーリを即座に消去しておく*4風水士であれば魔法回避アップ魔法命中ダウンの風水魔法を用いると幾分楽になる。

戦利品

出典

ベルフェゴールはキリスト教における悪魔*5。元は古代モアブで崇められた神だったが、キリスト教の浸透と共に卑小化され、悪魔とされていった。七つの大罪の一つ「怠惰」と結び付けられることもある。

他作品において

FFIV及びFFVではガーゴイルと同じ外見の雑魚敵として登場していた。

関連項目

ギアスフェット】【ベルフェゴールの冠
*1
手が空いていれば魔法を撃って攻撃手段を減らすと楽になるだろう。ディアガ等を返させればペットを含め睡眠対策にもなる。
*2
放って置くと魔法特殊技即死する威力になるので、フィナーレブランクゲイズなど光属性解除魔法があるといいだろう。
*3
メメントモーリを解除できなければフェイス攻撃を耐え続けるのは厳しい。
*4
徐々に耐性が増すので、メメントモーリを連打してくる後半に温存するのが望ましい。
*5
→ベルフェゴール(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。