コンテンツレベル(こんてんつれべる/Content Level)
各コンテンツにおいて、出現するモンスターの基本スペック(レベルやステータス)の目安として設定されたレベル。通称は『CL』。
そのコンテンツにおける全体の難易度を示すものではない。

コンテンツ全体の難易度は、想定している参加人数やモンスターの種類による戦いやすさなどを加味したもので、同じコンテンツレベルであっても、内容に差異があるのはこの付加条件による。→スレッド:アンバスケードについて(公式フォーラム)


概要

アドゥリンの魔境実装以降、プレイヤーレベルアップのかわりに装備品を揃えることで成長していくアイテムレベルという概念が加わった。つまり、「その時点で挑戦可能なコンテンツに挑んで装備品を揃えることで強くなり、より上のコンテンツに挑むことでよりよい装備品を得る。」ということを繰り返すプレイサイクルである。

つまりLV99のプレイヤーコンテンツレベル100~109前後のコンテンツに挑戦して装備を集め、平均アイテムレベルが上がったら更に上のコンテンツを目指すというものである。

各コンテンツで報酬として得られる装備品アイテムレベルは、必ずしもコンテンツレベルと同一ではない。なお、コンテンツで手に入る合成素材から作られるアイテムは、そのコンテンツのレベルを若干下回るアイテムレベルが設定される。

コンテンツレベル一覧表

CLコンテンツ
不明ギアスフェット番外NM(エスカ-ル・オン醴泉島)
アンバスケード(とてもむずかしい)
アンバスケード-エキスパート(とてもむずかしい)
145ギアスフェット第3段階(醴泉島)
143インカージョン(最大値)
140ギアスフェット(エスカ-ル・オン(四神,アークエンジェル))
139オーメン(ボス)
135ギアスフェット第3段階(エスカ-ジ・タエスカ-ル・オン)
ギアスフェット第2段階(醴泉島)
ウォンテッド
134アンバスケード-エキスパート(むずかしい)
オーメン(中ボス)
132ベガリーインスペクターPlouton
130ベガリーインスペクターPerfidien
シニスターレイン
129ギアスフェット第1段階(醴泉島)
アンバスケード-エキスパート(ふつう)
128メナスインスペクター閉ざされた領域ボスモンスター
ウォンテッド
ベガリーインスペクターPerfidien/Ploutonを除く)
127
126NMFurious Arundmite/Stinkskin/Vemosia/Dreadpincer/Cowll Hippogryph
125メナスインスペクター閉ざされた領域欠片IV~VのNM
ウォンテッド
ギアスフェット第2段階(エスカ-ジ・タエスカ-ル・オン)
124アンバスケード(むずかしい)
アンバスケード-エキスパート(やさしい)
123インカージョン(最大CL143まで上昇)
122メナスインスペクター閉ざされた領域欠片I~IIIのNM
ウォンテッド
121サージウォーク(第12~第15ウォーク
120サージウォーク(第8~第11ウォーク
119以上上位バトルフィールド/上位ミッションバトルフィールド(むずかしい/とてもむずかしい)
119ドメインベージョン
メナスインスペクター地下空洞ボスモンスター
スカーム-ラ・カザナル宮外郭〔U〕
アルビオン・スカーム-ララ水道〔U〕/アルビオン・スカーム-シルダス洞窟〔U〕/アルビオン・スカーム-ヨルシア森林〔U〕
上位ミッションバトルフィールド(ふつう)
サージウォーク(第1~第7ウォーク
ウォンテッド
ギアスフェット第1段階(エスカ-ジ・タエスカ-ル・オン)
アンバスケード(ふつう)
アンバスケード-エキスパート(とてもやさしい)
118
117
116ワイルドキーパー・レイヴ
上位ミッションバトルフィールド(やさしい)
115クエスト幻世の渇愛NM
114アンバスケード(やさしい)
113メナスインスペクター地下空洞欠片IV~VのNM
スカーム-ヨルシア森林〔U〕
上位ミッションバトルフィールド(とてもやさしい)
112
111
110メナスインスペクター地下空洞欠片I~IIIのNM
109上位バトルフィールド(ふつう)
アンバスケード(とてもやさしい)
108コロナイズ・レイヴ/レイア・レイヴドーの門/マリアミ渓谷/ヨルシア森林
107
106上位バトルフィールド(やさしい)
105スカーム-ララ水道〔U〕/スカーム-シルダス洞窟〔U〕
104コロナイズ・レイヴ/レイア・レイヴケイザック古戦場/ヤッセの狩り場/モーの門/シィの門/モリマー台地/エヌティエル水林/シルダス洞窟
(103)上位バトルフィールド(とてもやさしい)
103
102
101
100
99ウォンテッド
75ウォンテッド

コンテンツレベル間格差

登場するモンスターは、コンテンツレベルに合わせて強さが決定されており、コンテンツ間の序列をある程度確固としたものにするため、コンテンツレベルが1違えば強さもかなり変わるように設計されている。

CL119クラスであれば、平均アイテムレベル119のプレイヤー+フェイスで攻略できるものもあれば、CL140クラスにもなると平均アイテムレベル119のフルアライアンスが必要になるものまで様々である。

また、実装時の「アドゥリンの魔境における成長とコンテンツレベルについて」の説明では*1
アドゥリンのコンテンツには、難易度を客観的に表す指標として、コンテンツレベルが設定されています。
という記載があったため、当項目では以下のような解説をしていた。

  • コンテンルレベルとは、各バトルコンテンツに設定された難易度の目安を、客観的にLv数値で表す指標のこと。
  • その際にコンテンツの難易度を数値で表したものがコンテンツレベルである。

その後、冒頭にあるような解説に訂正された。

変遷

アドゥリン実装初期のコンテンツレベルLv1~20までの段階表記であったが、2013年11月5日のバージョンアップにて、アイテムレベル表記との整合性を図るためLv100~145の三桁表記に改正された。

MMOにおける同種の概念

MMOタイトルにおいては、装備品の性能を数値化した「アイテムレベル」の概念が用いられることが多い。

例えばWorld of Warcraftでは装備品毎にItem Lvが設定されており、十分なアイテムレベルがなければ高難度のコンテンツには参加できないようになっている。
また、新生FFXIVにもアイテムレベルの概念と、コンテンツ毎の明確なヒエラルキーが導入される予定であり、コンテンツデザインを行う上で参考にした可能性が高い。

関連項目

アドゥリンの魔境】【エンドコンテンツ】【アイテムレベル
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。