神竜(しんりゅう/The Wyrm God)
  1. アビセアメインクエストの一つ。本項で解説する。
  2. 1項の上位ミッションバトルフィールド「★神竜」。
  3. このクエストに出現するNMShinryu」。詳細はネタバレ項を参照。

1項.神竜(ミッション)

依頼主プリッシュ(Prishe)
男神との戦いで
唯一生き残った少女、プリッシュ
彼女は語る、先に待ち受けるモノの姿を……
「人の畏怖する象徴の塊。
その名は『神竜』」と。
いま、アビセアの未来を賭けた
最後の戦いが始まろうとしている!?

アビセア共通の連続クエストの13個目。

アビセア-天象の鎖の奥にある「Transcendental Radiance」を調べるイベント、再度「Transcendental Radiance」を調べてBF神竜」に入ることでNM戦となる。
BFの詳細はネタバレ項を参照。

アビセアの大詰めとなるクエストであり、当初の難易度は非常に高かった。
アビセアメインクエスト
前節神竜次節
紅き空、蒼き月、神の都世界に在りて……

2項.★神竜(上位ミッションBF)

Lv制限無し制限人数6人・制限時間30分。

BFの場所はミッションと同じ天象の鎖アビセア-天象の鎖の奥にある「Transcendental Radiance」を調べる

入室するにはだいじなものファントムクォーツ【神竜】」が必要となる。プレイヤーにあわせて「とてもやさしい」から「とてもむずかしい」まで5段階の難易度を選択して突入できる。
アビセア-天象の鎖」へワープするには、10,000クルオだいじなものトラバーサー石」が必要。
だいじなものトラバーサー紅石」を所持している場合、クルオは消費されない。

なおアビセア-天象の鎖での戦闘だが、アートマ支援効果などは一切効果が発揮されず、アビセアでためたテンポラリアイテム群も使えない。

攻略

範囲弱体魔法精霊ガIII系、高難易度になるとジャ系魔法や範囲化されたメルトンアブゾタックインパクトなどを詠唱してくる。

使用してくる特殊技等は【神竜/ネタバレ】と同様。
難易度「ふつう」以上になるとHP50%以下でスーパーノヴァ(広範囲死の宣告)が解禁される為、各自聖水の持ち込みか、カーズナ装備で固めたヒーラーの参加が望ましい。
また同様の条件でプロトスターも解禁され、SPアビリティを温存していても使用済みにされる可能性が高いため、前衛再使用時間が長めのアビリティは前半から惜しみなく使っておきたい。
マイティガードリゲイン放置していると凶悪な頻度で特殊技を連発されてしまうので、リゲインを解除できる手段を持ち込むとよい。

無印の時にあった魔法詠唱・特殊技中のダメージ吸収能力は無くなっている。
また無印同様の全体引き寄せをもち、うっかりヒーラー引き寄せダークマターテラーを受けたりすると壊滅の引き金になりかねないため、後衛は極力ヘイトを上げないように心がけたい。
特にカタクリスムヴォルテクスヘイトリセット&全員のHPが減った状態でケアルガを撃つと高確率でタゲを取ってしまうため、ヘイトリセット後は前衛挑発WSヘイトを上げるのを見てから回復行動を取ると安定しやすい。
ただしさほど魔命が高く設定されていないようで、ニャメ装束に代表される高い魔回避装備を着込むことでほとんどの状態異常を防ぐことが出来る。

翼が開いているときは攻撃が通りやすく、翼が閉じているときは開いている時に比べてダメージ半減状態となる。
連携は半減、翼が閉じているとさらに半減の1/4まで落ち込むため、連携ダメージを稼ぐ場合は極力翼が開いている時を狙いたい。

難易度「むずかしい」以上、かつ翼が開いているときはカタクリスムヴォルテクスダメージがアップする*1
もともとカタクリスムヴォルテクスは≪現在HP - 1≫のダメージを与える特殊技だが、魔法ダメージカットの計算結果からさらにダメージが増える為、何の対策も無い場合は確実に即死する技と化す。
「むずかしい」の場合は20%、「とてもむずかしい」の場合は34%の魔法ダメージカットとすることで耐えることが可能。
ただしあくまでも耐えることが可能というだけである為、戦闘時の装備変更でHPが増減することや、他の攻撃ダメージを受けることも踏まえ、可能な限り魔法ダメージカットキャップさせることが望ましい。

なお睡眠が効いてしまう*2。頭の隅に置いておくと、スリップが入っていない時に壊滅した際の立て直しに使える・・・かもしれない。

戦利品

バトルフィールドクリア報酬として、レム物語が全員に手に入る。手に入る枚数は難易度ごとに異なる。【上位ミッションバトルフィールド】項も参照のこと。


武器は非常にドロップが悪く、昏黄系アクセサリは比較的ドロップが良い傾向にある。
なお2021年7月20日の不定期バージョンアップにて、装備品ドロップ率上昇の修正を受けている。

FFシリーズにおける神竜

FFシリーズでは、神竜FFVにおいて初登場している。ラスボスを超える最強クラスの敵という位置づけであり、オメガに次ぐ強さを誇っていた。このとき神竜が守っていた宝物がラグナロクである。

その後も、FFIXFFX、リメイク作品などに登場しており、多くの場合ラスボスを越える強さを誇る強敵として登場する。

関連項目

神竜/ネタバレ
*1
むずかしい…25%アップ、とてもむずかしい…50%アップ
*2
ライトショットで「睡眠」ログを確認。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。