震天動地の章(しんてんどうちのしょう/Immanence)
学者ジョブアビリティの一つ。Lv87で習得。令狸執鼠の章と対になっている。
2010年12月7日のバージョンアップで追加された。
次に唱える精霊魔法連携できるようになる。ただし、マジックバーストをしなくなる。

黒のグリモア」状態の時に「戦術魔道書」から使用する。
効果時間は1分、あるいは対応した魔法を使用するまで。

精霊魔法を使用すると、使用した魔法属性に対応したレベル1の連携属性が付く。要は「震天動地の章+精霊魔法」で属性WSを撃つのと同じ扱いになるアビリティ。但し、サポートジョブで使用可能となる精霊魔法には対応していない。

震天動地の章を2回使えば魔法だけで連携することができる。直後に震天動地の章なしで魔法を叩き込めば連携MBさせることも可能。
魔法はレベル1の連携属性しかないが、レベル2の連携属性を持つWSと組み合わせて3連携することによりレベル3の属性連携を出すこともできる。

バージョンアップ前の発表当初は「次に唱える黒魔法連携できるようになる。」となっていたが、2010年12月2日 20:00、「次に唱える精霊魔法連携できるようになる。」と記載の修正がされた。実装当初はエフェクトアイコン共に精霊光来の章とまったく同じであった。2011年5月10日のバージョンアップで専用のエフェクトが用意されている。

対応する属性

属性対応魔法連携属性
ファイアI~V溶解
ブリザドI~V硬化
エアロI~V炸裂
ストーンI~V切断
サンダーI~V衝撃
ウォータI~V振動
光門の計I~II貫通
闇門の計I~II
インパクト
収縮

以下にWSを交えた一人連携の例の挙げる。

震天動地の章火属性魔法サイクロン核熱
震天動地の章氷属性魔法フラッシュノヴァ分解
震天動地の章風属性魔法カタクリスム重力
オムニシエンス震天動地の章土属性魔法湾曲
シャッターソウル震天動地の章水属性魔法分解
震天動地の章光属性魔法光門の計)→震天動地の章土属性魔法湾曲レトリビューションorオムニシエンスorシャッターソウル
震天動地の章火属性魔法震天動地の章雷属性魔法核熱ブラックヘイロー

レベル1の技連携を発生させる場合は〆に用いる魔法連携ダメージMBがすべて同じ属性となることから、曜日天候に合わせ属性帯を用いたり、または特定属性アフィニティ魔攻を用いることでダメージ増加を図ることができる。
また、魔防ダウンを持つシャッターソウルとの相性も良い。

MB目的

計略メルトンは着弾ダメージが以降のスリップダメージの基準値になるという性質上、当アビリティを使用し対応した属性連携を仕込んで、そこから計略メルトンを撃てばMBとなり、総合ダメージの増強が可能である。特にメルトン連環計中の使用となるので、気炎万丈の章など戦術魔導書が無制限に使用できる。事前にマクロを用意しておけば時間当たりの火力を大幅に向上させることが可能。

下準備として対応の陣と虚誘掩殺の策を唱えておき、メルトンなら震天動地の章エアロ炸裂トス)→震天動地の章闇門の計(収縮)→重力MBメルトンといった形になる。MBのタイミングには多少の猶予があるので、計略メルトンも詠唱前に気炎万丈の章勤倹小心の章などのマクロを仕込むとよい。闇門の計の代わりにインパクトを挟むこともできるが、詠唱時間が長いので疾風迅雷の章が必要になるなどタイミングはシビアとなる。

また、精霊PT連携役を務める際は/lockstyle着替え時の点滅を抑制することにより、章を発動する際に本を開くイフェクトに合わせて(主にMB役となる黒魔道士が)連続MBを狙いやすくなる。
マクロ
/p 震天連携分解】(MB【雷】【風】)<scall14>
/ja 震天動地の章 <me><wait 1>
/ma ブリザド <t><wait 4>
/ja 震天動地の章 <me><wait 1>
/ma ウォータ <t>

歴史

2015年12月10日のバージョンアップにて、『アビリティ震天動地の章」を使用した際、分身の効果で防がれても連携属性が付与される』不具合が修正された。

さらに2015年12月17日のバージョンアップにより、サポートジョブに設定したジョブで使用可能になる精霊魔法には連携属性が付与されなくなった*1

名称について

震天動地とは「天地をふるい動かすほどの大変な出来事」を意味する。元は威勢の盛んなことで、大音響などのたとえ。「震天」は天を震わせること。「動地」は地を動かすこと。
英名のImmanenceは「内在(性)」、「神」という意味。Immanent の名詞形。

関連項目

学者】【黒のグリモア】【戦術魔道書
*1
これにより、サポ風サポ黒によるラ系やガ系魔法での連携は不可能となった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。