朔北の爪牙(さくほくのそうが/The Long March North)
クエストの一つ。
依頼者ロベルアクベル(Robel-Akbel)

ウィンダス軍は、バルドニア方面で行われる
大規模な会戦に備え、北へ出兵することになった。
コブラ傭兵団の一員として、まずはサンドリアへ集合しなければ!

度重なる激戦で劣勢に立たされたアルタナ連合軍。状況を打開する為に、ヴァレンラールの呼びかけにより、遂に敵の本拠地ズヴァール城への攻撃が決定される。しかし、作戦が開始される直前に闇の王の軍勢が1万もの大軍をウィンダスに向け進軍させている事が判明する…。

前クエスト朔北の爪牙次クエスト
淑女たちの饗宴隠者と神獣と

手順

  1. 過去のウィンダス関連連続クエスト淑女たちの饗宴」及び、アルタナミッションジュノ、擾乱」をクリアした状態で、ウィンダス水の区〔S〕エリアチェンジするとイベントクエストオファーとなる。
  2. 南サンドリア〔S〕に向かい、凱旋門(I-7)にいるRaustigneに話すとイベント
  3. 同(H-9)のHauberliondと話すとイベント。選択肢はどれでもよい。
  4. だいじなもの暗黒の灰」を手に入れるため、Hauberliondとのイベントで指定された保管場所へ向かう。「暗黒の灰」の保管場所はHauberliondとのイベント内の選択肢によって以下の3箇所のいずれかに変化する*1
    ・「東ロンフォール」→東ロンフォール〔S〕(J-11)「New-turned Earth」
    ・「ジャグナー森林」→ジャグナー森林〔S〕(J-5)「New-turned Earth」(テンキー7と4の間)
    ・「ラヴォール村」→ラヴォール村〔S〕(K-9)「New-turned Earth」
    指定場所を調べるイベント。「暗黒の灰」を入手する。
  5. 現代の大工房二階北側の火薬研究所(H-8)にいるStriking Snakeに話し掛けるとイベント
  6. 再び過去世界へ。つるはしを数本用意して、北グスタベルグ〔S〕採掘を行い、だいじなもの炎の水銀」「氷の硫黄」を手に入れる。採掘ポイントは(I-7,I-8,J-7)ゼーガムの丘の山腹や山頂周辺や、(I-4)~(J-4)のパルブロ鉱山入口近くの岩壁に発生する事が多い。
  7. 現代の大工房に戻り、Striking Snakeに話し掛けてイベント発生させる。
  8. ヴァナ時間0時を過ぎた後に再び話し掛け、だいじなもの破邪の弾」を手に入れる。
  9. 破邪の弾」を手に入れたらカルゴナルゴ城砦〔S〕に向かい、砦内(I-8)にいるRotih Moalghettに話すとイベント発生。
  10. 砦西側広場(E-7)テンキー3の1F Warding Door()を調べるコンフロント戦開始。イベントや選択肢無しにいきなり戦闘が開始するので注意。フェイス等が必要であれば事前に呼び出しておくこと。詳細は後述。
  11. 戦闘に勝利後、Warding Doorを調べるイベントが発生し、クエスト終了となる。

報酬ステラピアス

コンフロント

戦闘コンフロント形式で行われる。制限時間30分、6人制限、レベル制限なし。コンフロント戦なのでTP強化魔法ペットの持ち越しが可能。

POPする敵は以下の5体。これらを殲滅することが勝利条件となる。

以下はLv75キャップ時代の攻略法である。

ボスのCount FurfurはHP攻撃力も高く、睡眠石化を完全レジストするが、速攻で落とそうにもHPの高さからすぐに倒すことができないため、ボスキープして雑魚から倒すのが鉄板の戦術。ただし、ボスは頻繁にトリプルアタックが発動するので、気を抜くとあっという間に盾役がピンチになってしまうので注意。

お供のCount MurmurとTartaloにはスリプルが有効。ただしTartaloは寝にくく、どちらも基本的にスリプルハーフレジストするので、ボスをキープしつつ魔法を使うアーリマンから倒すのが楽だろう。Tartaloは前衛WS1-2発でけりが付き、Count MurmurもLv73程度の強さなのでスリプガIIなどで寝かせている間に取り巻き4体を殲滅することも十分可能。なお、アーリマンスリプガを使ってくるので毒薬等があると良い。

名称について

クエスト名の「朔北」とは北方を意味する(朔も北も「北」という意味)。
英名の"The Long March North"(北への長い行軍)やクエストの説明文を見る限りでは「一筋縄では行かない、北方バルドニア戦線への出兵」といった意味合いとなるのだろう。
クエストの内容はむしろ北方戦力に襲撃される話であり、日本語タイトルは「闇王軍の脅威」といった意味と解釈できる。

Furfur(フルフル、フールフールとも)はソロモン72柱の1柱で、26の悪魔軍団を率いる序列34番の地獄の大伯爵。 召喚されると炎の尾を持つ鹿の姿で現われるが、その真の姿は天使とされる。稲妻を操り、夫婦の愛をもたらすという。

Murmur(ムルムル、ミュルミュールとも)はソロモン72柱の1柱で、30の軍勢を率いる序列54番の地獄の大公爵にして伯爵。グリフォンのような怪物に乗り、2人の家臣と共に現れるとされるが、FFXIでは逆に自分が2体の雑魚NMとして現れる。同じ固有名を持つデーモンが同時に出現した例としては初めてだが、なぜ2体が同じ名前と爵位を持っているのかは不明。

Tartaloはバスク(スペイン北部の地方)の神話に登場する1つ目の巨人。洞窟に住み、若者や羊を食べるとされる。伝承では捕らえた若者に眼を潰され、若者を追いかけた挙句に崖の下に落ちて死んでしまう。ピレネー山脈を挟んで反対側のフランスにはBecutという似たような巨人の伝承がある。こちらは巨人族NMとして出現する。

New-turned Earth:「新しく掘り返された地面」の意味。Hauberliondは素材を埋めて隠しておいたのだろう。
Warding Door:「守備のドア」の意味。

外部リンク

→フルフル→ムルムル→Tartalo(Wikipedia)

関連項目

アルタナクエスト
*1
詳細な組み合わせは不明。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。