東ロンフォール〔S〕(ひがしろんふぉーる・えす/East Ronfaure [S])
この項目の本来の英名はEast Ronfaure [S]です。wikiの技術的制限から大括弧が全角になっています。

ロンフォール戦線リージョンに属するアルタナエリアの一つ。エリア略称はERonfaure_S。
拡張データディスクアルタナの神兵によって実装された、水晶大戦当時の東ロンフォールである。

EastRonfaure_S_Area1.jpg EastRonfaure_S_Area3.jpg EastRonfaure_S_Area2.jpg

エリア解説

現代の東ロンフォールと基本的な地形は同じだが、過去のロンフォールは樹林が少なくなっており、現代と比べると若干荒れ野のような印象を受ける。プレイヤー間では戦時のため視界確保を目的とした伐採によるものではないかという説があるが、ストーリー中では特に明言されていない。

龍王ランペールの墓は存在するようだが入り口は見当たらない。また、ラングモント峠への入り口も封鎖されている。
現代における西ロンフォールへの道は閉ざされており、現代の龍王ランペールの墓からの一方通行の出口の場所に、ジャグナー森林へと通じる監視塔が設置されている。

モンスター

生息しているモンスターは現代と同様にミミズウサギコウモリ獣人オークゴブリン)、プギル甲虫キノコに加えて樹人アトルガンエリアで有名なコリブリ、新モンスターレディバグジンなどと非常に種類が豊富である。
このエリアモンスターのレベルの上下差が非常に激しく、あるモンスターレベル上げに適するとしてもすぐ隣のモンスター即死級の能力を持つことがある。

ミミズウサギコウモリなどはノンアクティブ・ノンリンクLv11前後とラテーヌ高原程度のレベルの敵なのでレベル上げに利用することができる。特にこのエリアではシギルによりリフレシュの効果が簡単に得られるため、Lv10台のMP持ちプレイヤーは非常にタフに振舞える。

アクティブレディバグノンアクティブコリブリ*1はこれらより一気にレベルが上がる。獣人樹人ジンはそれらを更に上回り、カンストプレイヤーにまで絡んでくる程の強さとなっている。

カンパニエバトル

戦績テレポ到着地点は現代で2ヶ所あった西ロンフォールとのエリアチェンジ地点のうち、南側の方に近い場所にある。拠点はそこから真北の丘の上にある塔だが、まっすぐには向かえないので一度北東方向に回り込む必要がある。この近辺および道中には日中アクティブレディバグが何匹かおり、中レベル帯では絡まれる恐れがある。戦績テレポ地点に生息する個体も存在するため、テレポ完了と同時に襲われる可能性も少なくない。

夜間であればレディバグに襲われる危険性がゼロになるが、逆に骸骨が2~3体出現するうえ、道中を阻む位置取りで徘徊する個体も存在する(この骸骨は戦士タイプのみの模様)。テレポ直後、まだ敵の表示が完全に完了していない状態で移動を開始すると、プレイ環境によっては見えない骸骨に襲われるかもしれない。

なお、南サンドリア〔S〕から拠点までは、夜間まれに徘徊している魔道士系の骸骨を除けばアクティブモンスターが一匹も生息していないため、Lv1の冒険者であっても安全に移動することが出来る。

ノートリアスモンスター

名称種族主な戦利品備考
Dark Ixionモノセロス族アゾット
イクシオンクローク
イクシオンケープ
黒一角獣の尾
黒一角獣の角
Goblintrapフライトラップ族ヴィルヘルムピアス抽選ポップ
Melusineピクシー族エボンピグメント
フリアピグメント
時間ポップ
Myradroshコリブリ族レストアクローク時間ポップ
Sandwormサンドウォーム族
Skogs Fruレディバグ族エクフォリアリング抽選ポップ
Cottus巨人族ヘカトンケイレスローラーリングヴォイドウォーカー

カンパニエバトルコンフロント戦のNMは除く。

伐採

現代同様まさかりでの伐採ができる。この時代固有のものとしては胡桃チーク原木が得られる。

地図

だいじなものサンドリア周辺地図」に収録されている。
各地の地図販売NPCから200ギルで購入できる。

隣接エリア

関連項目

アルタナエリア】【カンパニエ】【Autumn Footfalls
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
なおここのコリブリはオウム返しを持たない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。