淑女たちの饗宴(しゅくじょたちのきょうえん/A Feast for Gnats)
クエストの一つ。
依頼者ロベルアクベル(Robel-Akbel)

連邦軍の残存兵力を投入した
陽動作戦がソロムグ原野で決行される。
新参の猟豹(チーター)義勇軍を道連れに
ロマー団長率いる毒蛇(コブラ)傭兵団と出陣だ!

ロベルアクベルの命により、レコ・ハボッカの指揮の下、猟豹義勇軍との共同作戦を行うことになった。
ソロムグ原野にて獣人血盟軍を迎え撃つ傭兵団たち。
血で血を洗うような激戦の最中、どこかで見たことのあるシルエットがその戦場を見下ろしていた…。

クエスト勃発、ミスラ大戦」をクリアした後ウィンダス水の区〔S〕に移動するとイベントがありクエスト開始。
ソロムグ原野〔S〕のK-9のMham Lahrihと話すとイベント、次に階段の下にあるAbandoned Mineshaftを調べる戦用爆竹を入手。
再度Abandoned Mineshaftを調べるレイヤーエリアへの進入となる。

バトルに勝利後イベントがあり、ウィンダス水の区〔S〕(北)H-10のデア・プランドレ(Dhea Prandoleh)に話すとクエスト終了。
報酬ルビー称号は「コブラ傭兵団の秘蔵っ子」。

前クエスト淑女たちの饗宴次クエスト
勃発、ミスラ大戦朔北の爪牙

レイヤーエリア攻略

制限時間30分、6人制限、レベル制限なし。エリアゴユの空洞レイヤーエリア名「淑女たちの饗宴

レイヤーエリアにはZircon Quadav(クゥダフ/黒魔道士)Silver Quadav(クゥダフ/シーフ)Nickel Quadav(クゥダフ/ナイト)それぞれ3体が配置されている。
少し進んだところにコブラ傭兵団の面々が居り、Romaa Mihgoに近寄ると掛け声とともに勇ましく突撃していく。Romaa Mihgo戦闘不能になると強制的に失敗扱いになる。
戦場の少し奥の方にConfederate Belfryが設置されており、これを破壊することでクエストクリアとなる。HPは1万5,000程度と思われる。
Confederate Belfryは攻撃を開始すると定期的にBo'Dho's ShieldWarrior(クゥダフ/戦士)を召喚する。
そして更に戦闘開始後30秒ほどでGigas Trebucker(巨人/狩人)とGigas Flanker(巨人/戦士)が増援としてやってくる。

ロマー・ミーゴを初めとするコブラ傭兵団の面々はいずれも大した耐久力はなく、放っておくとあっさりやられてしまう。
それにクゥダフ巨人たちも凄まじい勢いで数を増やすため、ベルフリーの破壊に手間取っていると数の暴力で押しつぶされてしまう恐れもある。

そのため、雑魚獣人の寝かし役としてサポ黒赤魔道士黒魔道士学者等を2名ほど、ロマー・ミーゴの世話役として白魔道士ナイト等を1名、ベルフリーの破壊役としてアタッカーを3名ほどが最適な編成と思われる。

ロマータゲった敵を真っ先に倒し、ロマータゲベルフリーに向かうまで敵の数を減らすのもセオリー。

部下のコブラ傭兵団が倒されることへのペナルティはないため、あえて倒されてしまう方が寝かした敵を叩かれる心配もないかもしれない。

尚、敗北した場合には前回戦用爆竹を貰った時点からヴァナ・ディール時間の0時を過ぎていればMham Lahrihから再取得が可能。状況次第だが連戦も可能である。

代表者扱いのNPCが脆い、やられると強制敗北、という辺り某社長接待ミッションとの共通点を感じざるを得ない。

レベルキャップ開放後は、ごく少人数でもロマーが沈む前にベルフリーへの集中攻撃クリアすることができる。
更にIL装備であれば、フェイスに殴らせるだけもジョブを問わずクリア可能となっている。

英訳タイトルについて

A Feast for Gnatsを直訳すれば「ブヨ達の饗宴」。
クエスト終了時の戦場の惨状を見るに、確かにナット達の食卓としては最適な状況なのかもしれない。ソロムグ原野〔S〕にはしっかりナットが生息している。

関連性があるかは不明であるが、アメリカの叙事詩作家ジョージ・R・R・マーティン氏の作に「乱鴉の饗宴(A Feast for Crows)」というものがある。

関連項目

アルタナクエスト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。