レギオン(れぎおん/Legion)
2012年3月27日のバージョンアップにて導入された、高レベル向けの大人数バトルコンテンツ
30分の制限時間内に、次々と現れるHNMをできるだけ多く倒すことが目的になっている。

レギオン(Legion)とは軍団の意味。ローマ軍団(Legio)に由来し、FF11ではそれをベースにしたと思われる共和軍団にも"Republican Legion"の語が当てられている。

参加条件

  • レベル75以上、参加可能人数は1名から36名まで。

入室手続きはロランベリー耕地(J-5)にいるサーラン(Saarlan)と、その弟子のマユユ(Mayuyu)が行う。
手続きを行う代表者1名はSaarlanからだいじなものレギオン大典18章(18人向け180000ギル)」か「レギオン大典36章(36人向け360000ギル)」を購入し、Mayuyuに話しかけて突入する部屋を選択する。
設定が終わると有効期限の記された「アブダルスの栞」が発行されるので、アライアンスリーダーがLegion Tomeにトレードすることで、専用エリアアブダルスの模型-レギオン」への転送が行われる。
なお、突入者がそれぞれアイテムで入室していた旧デュナミスエインヘリヤルとは異なり、アライアンスメンバー全員が一度に転送される。

デュナミスエインヘリヤルのような、再突入制限は存在しない模様。また、レイヤーエリアを使用しているため複数団体が別々に同じ部屋に侵入できる。

中に入ると1度ロビーと呼ばれる部屋に転送され、そこで戦闘準備を行うことができる(栞が発行されてから5分間)。栞を発行したリーダーBGMの変更も可能。5分が経過するか、Legion Portalを調べて自発的に突入を選択するとBFに転送されるプロシェルリレイズなどの一部の強化ロランベリー耕地から持ち越せるが、エリアチェンジを伴うのでエリアチェンジで消失する強化TPは消えてしまう。

BF内部は制限時間30分で時間延長は無し。経験値ロストあり。
BF内の光るポイント(Legion Portal)を調べることで途中で外に出ることもできるが、その場合再突入はできない。

制限時間が来るかクリアすると1度ロビーに転送される(5分間)。
そのため、終了間際でアイテムが出て流れる、という事態は起きないようになっている。

BF

内部は無条件で突入できる4つの間と、それらを攻略して得られるレギオン勲章を集めることで突入できる天衡の間の5つから成る。

BF備考
天の間レギオン勲章【天】を入手可
地の間レギオン勲章【地】を入手可
風の間レギオン勲章【風】を入手可
雲の間レギオン勲章【雲】を入手可
天衡の間レギオン凱旋証を揃えた人のみ選択可

出現するモンスター・攻略法については各項目を参照のこと。

なお、戦闘中にエレメンタル族POPすることがある。
これらはノンアクティブでしかも攻撃を受けても反撃をしてこない。撃破すると撃破した人にテンポラリアイテムが配布される仕組みとなっている。
Waveが進むとハイブリッドタイプのエレメンタルも登場し、撃破すると対応した2種のテンポラリアイテムを獲得できる。
ただし、攻撃してこないとはいえ他の敵がエレメンタルリンクするので敵対行動を取ったまま放置しておくと大変危険。一度殴りかかったら必ず撃破しておくことを強く推奨する。

属性テンポラリアイテム
ヒールパウダー
マナミスト
聖者の薬
ルシドウィングス
愚者の散薬
侠者の散薬
ヒールミスト

報酬

出現するモンスターを倒すことで軍団戦績を得られる他、いくつかのアイテムドロップすることがある。

主なドロップアイテムは以下の通り。

なお同じものを複数個ドロップすることもある。

また、各フロアのボスを撃破することで軍団戦績で交換できる装備品が増える。詳しくは【軍団戦績】参照のこと。

戦闘BGM

レギオン開始前の準備フロアにあるLegion Librettoを調べることで、戦闘中のBGMを変えることが可能。
但し、変えることが出来るのはアブダルスの栞を発行したリーダーのみ。

  1. Belief
  2. Fighters of the Crystal
  3. Conflict: March of the Hero
  4. The Colosseum
  5. Run Maggot, Run!
  6. Iron Colossus
  7. Ragnarok
  8. Feast of the Ladies
  9. 天涼囃子(リスト上では空欄で、隠し扱いになっている)

また上記1~8をランダムで選ぶ、「ランダム選曲」も可能。
ちなみに、突入時に流れるデフォルトのBGMは「Tough Battle」となっている。

歴史

  • 導入以前
    2012年1月13日にテストサーバーに導入され、その後2回に渡って運営チーム主導の体験会が行われる。
    体験会当日はフォーラムでおなじみのMocchi氏やFoxclon氏が登場して各種説明を行っていたほか、そのときの内容はLive Vana'dielで放映されていた。
    そこでのフィードバックを元に、立て直しが可能な安全地帯の追加や、BGM変更機能の追加などが行われた。












関連項目

アブダルスの模型-レギオン】【軍団戦績

外部リンク

*1
天衡の間のParamount Gallu・Paramount Botulusのみドロップする
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。