ヴァナ・ディールの星唄(う゛ぁなでぃーるのほしうた/Rhapsodies of Vana'diel)
FFXIの最終章とされるシナリオ。ゲーム内ではミッションとして存在する。
このシナリオのエンディングテーマについては【ヴァナ・ディールの星唄 -Rhapsodies of Vana'diel】を参照。

ヴァナ・ディール プロジェクト」として2015年3月19日に発表された3つの企画の1つ。
2015年5月に14年目を迎える「ファイナルファンタジーXI」の集大成として、これまでのシナリオに登場した主要キャラクターが総出演する“究極のシナリオ”とされている。

このシナリオは3章立てで、2015年5月、8月、11月のメジャーバージョンアップで、各章が実装された。またこれにあわせて、新規バトルコンテンツギアスフェット」「ドメインベージョン」が実装されている。また、全てをクリアすることでイオニックウェポンを入手するためのサブクエストに挑戦したり、メリットポイントアイテムに交換できるツボチャージというコンテンツを利用できるようになる。

また、この「ヴァナ・ディールの星唄」の実装をもって、「ファイナルファンタジーXI」のメジャーバージョンアップは終了となった。ただし、不具合修正対応やバランス調整などのバージョンアップは継続して実施される。

拡張データディスクアドオンコンテンツのような装丁のイラストが存在するが、購入しなければ遊べないわけではなく、あくまでシナリオの1つである。ミッションリストは「追加シナリオ」に分類される。

ただし、集大成というだけあってヴァナ・ディールの各所に行かなければならないため、全ての拡張ディスクジラートの幻影プロマシアの呪縛アトルガンの秘宝アルタナの神兵アドゥリンの魔境)が必要となる。ただし、追加シナリオ三部作やアビセア三部作のようなアドオンコンテンツは必要ない。また、難易度的にはIL117程度があればクリアできる程度の難易度が想定されている*1

拡張ディスクアドオンシリーズとは異なり別途シナリオを購入しなくてもプレイできる。
シナリオを進行するにあたり、既存のミッションコンプリートは必要ない。
ストーリーの過程で拡張エリアを訪れる必要があるが、バージョンアップ時にエリアデータもダウンロードされるため拡張ディスクをインストールしていなくても*2シナリオを進められるようになっている。
但し、拡張エリアに移動するための権利(レジストレーションコードの登録)は必要になる。

シナリオ(ミッション

星唄ミッション】項を参照のこと。

経緯

外部リンク

→発表会ダイジェスト(2015/3/19 公式フォーラム

関連項目

ヴァナ・ディール プロジェクト】【星唄ミッション】【星唄の煌めき】【星唄エリア】【ヴァナ・ディールの星唄 -Rhapsodies of Vana'diel
*1
第17回もぎたて ヴァナ・ディールより。ただし、さすがにIL117ソロで最後までクリアしようとするとかなりの試行錯誤を必要とする。
*2
あるいは、物理的な故障でディスクのインストールができない状況でも。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。