Gilgamesh(ぎるがめっしゅ)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。
  3. ワールドサーバーの一つ。

1.項 登場人物

ノーグを束ねる首領NPC

天晶堂リーダーアルドとは浅からぬ関係があるようだ。これまでのシリーズのイメージからは一新、隻眼の渋いナイスミドルである。

複数のミッションで重要な役割を果たす。

Gilgamesh.jpg

2.項 フェイス

フェイス使用許可証を取得したフェイス担当NPCに「盟-ギルガメッシュ」をトレードすることで、フェイスギルガメッシュ」を習得することができる。

特徴

ジョブ/戦士
戦闘タイプ近接物理
武器両手刀
WS参之太刀・轟天九之太刀・花車居合抜き(/分解)、鎌居太刀(重力/切断)
魔法
アビリティ八双心眼石火之機葉隠
その他

下段の構え(より正確には脇構えと呼ばれる、剣先を下段後方に下げた構え方)という独自の構えを持ち、いくつかの専用技を持つ。
連携〆狙いの思考でTP2000まで連携の繋がるWSを待つ。また石火之機リキャストした状態でTP2000になると一人連携を行う。

鎌居太刀は中心範囲風属性WS防御力ダウンの効果。

特殊台詞

3.項 ワールド

サービス開始時から2011年5月10日まで稼動していたワールドの一つ。Gilgameshワールド(No.18)。略称はギル鯖、亀鯖など。
マートキャップ取得第一号、RMT業者通報エル♀等、名物プレイヤーも多い。主催者優先ロットの発祥のサーバーとされている。
2011年5月10日のバージョンアップに合わせて行われたワールド統合によりCarbuncleワールドと統合。その長い歴史に終止符が打たれた。

出典

古代メソポタミアを代表する伝説的な王(実在したかどうかについては議論がある)であり、死後は神格化され「ギルガメッシュ叙事詩」の主人公になった。同叙事詩は、現存する最古の文学作品の一つとされ、ギルガメッシュとその親友エンキドゥの冒険を描いたものである。「ギルガメシュ」とも。

著名な人物であり、ファイナルファンタジーシリーズに限らず「ドルアーガの塔」など多数の作品においてその名を冠するキャラクターを見ることができる。

ちなみに、ギルガメッシュの先代の頭首はルガルバンダ(Lugalbanda)という人物だが、こちらはシュメール神話においてはギルガメッシュ王の父親であり、偉大な英雄王として描かれているといった繋がりがある。

ファイナルファンタジーシリーズギルガメッシュ

初登場はVで、当初は主人公バッツ達の宿敵であるエクスデスの手下として登場。しかし最後にはバッツ達を良きライバルとして認め、その散り様はファンの間では有名。FFシリーズの名曲「ビッグブリッヂの死闘」と共に登場し、竜騎士ばりのジャンプ、珍武器エクスカリパー、源氏シリーズの装備品が盗める、などストーリー以外の部分でもプレイヤーを楽しませる名キャラでありシリーズ最高峰の漢でもある。

このVでの人気からその後のシリーズにも度々登場、VIIIでは召喚獣のひとつとして出現、またIXではトレジャーランクを教えてくれるNPCであった。

またFFXIIにおいても、上記BGMのアレンジ版の「ビッグブリッジの死闘」と共に登場。源氏装備を盗めるという元ネタを忠実に再現、戦闘中に抜く武器もシリーズ(一部ライバルシリーズ(合併コラボレーションとも言える))の特徴的なもの(ロトの剣(ドラゴンクエスト)、バスターソード(FF7)、ガンブレード(FF8)、フラタニティ(FF10))をパクってきてるなど、過去作をプレイしている人が喜ぶサービス満載のキャラである。

背中の多数の複腕と三枚目的な性格がトレードマーク。

過去作品では印象深いキャラクターだっただけに、FFXIでは只のNPCとして登場したことに不満を感じるプレイヤーも多いのでは無いだろうか。

関連項目

Gilgamesh/ネタバレ】【フェイス
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。