Teles(てれす)
醴泉島に出現するセイレーン族のNM
2015年11月10日のバージョンアップで追加された。

出現条件

条件を満たした上で醴泉島に点在する???調べることにより出現する。
詳細は【ギアスフェット】の項目を参照のこと。

特徴

風属性の高位精霊魔法を詠唱し、風属性風属性を含む連携属性分解)を吸収する。

3つのモードを持ち、HPが10%ほど減るか白弱点を突くと切り換わる。
それぞれのモードは概して吟遊詩人(発動時黄色エフェクト)、黒魔道士(発動時黒エフェクト)、ナイト(発動時白エフェクト)と表現できそうな各種構成を持つ。
モードの選択順序は瀕死状態以外では固定されている*1が、白弱点を衝いた場合に一つ飛ばして次のモードに移行する場合がある。瀕死状態ではモードがランダム選択となるため、臨機応変に対処せねばならない。


  • モードに応じた通常TP技としてソニックバフェット、ルナティックボイス、ヒステリックアサルトを用いるが、HPが80%を切って以降はクラーサクコールが、またソウルボイス効果時間中はエンタイスが更に加わる。
    • クラーサクコールによる自己強化6種はいずれも非常に強力で、解除を行わなければ対応する攻撃手段(物理/魔法)によりテレスを傷つけることは困難となる*3。なお魔力の泉モードではクラーサクコールが他TP技のおよそ倍の頻度で選択される。
    • リゲインを持ち、放置しておいても定期的にTP技が放たれる*4

戦利品


英名では「テレスを怖がらせた者」といった意味になるが、和名はおそらく"Teles Repeler"(テレスを撃退した者)という意味だと思われる。

出典

テレス(Teles)はギリシャ神話に登場するセイレーンの一人。セイレーンを何姉妹とするかは諸説あるが、Telesは四姉妹とした場合の一人である*6

関連項目

ギアスフェット】【テレスの聖歌
*1
最初は吟遊詩人であり、以降黒魔道士ナイト吟遊詩人の繰り返し。
*2
ベヒーモス族サンダーボルトほど?30メートル前後だろうか。
*3
上書きランクは低く、また氷・闇属性弱点であることから、ディストラフラズル等により回避率アップ魔法回避率アップの予防が可能となる。
*4
この際射程距離の都合から、中盤以降かつ遠距離ではほぼ確実にクラーサクコールが選択される。盾が魅了された状態ではテレスが俊足特性を生かして暴れるが、仮にこの状態をインデグラビデで抑え込もうと試みても定期的なクラーサクコールによって風が倒される。アトゥーンフェンド等で身を守るほうがよいだろう。
*5
インデヴェックスジオアトゥーンルーンフィールティを併せるなどしても抵抗できない。抗魅了霊薬による遮断は可能。
*6
→Siren (mythology)(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。