Tumult Curator(たむるときゅらーたー/たむるときゅれーたー)
エジワ蘿洞に出現する?族のNM。「タムルトキュラーター」。
2015年11月10日のバージョンアップで追加された。

ウォンテッド」に関連するNM群の一体。

タムルトの体液の説明文に「伝説の鍛冶師」とあることや、出現条件からPandemonium Wardenの上位NMと思われる。

出現条件

条件を満たした上でエジワ蘿洞MAP[2](J-9)(L-8)(K-7)にある「Ethereal Junction」を調べることにより出現する。

通常のウォンテッドNMはほぼ無条件に目標が出現するが、このNMに関しては下位NMThu'banSaramaSheduを倒さなければ目標が出現しない。

戦闘場所はワジャーム樹林(I-10)から入って右手沿いに進んだ最初の広場(J-9)でほぼ事足りるだろう。そのまま奥に進めば残り2箇所がある。このマップの入り口にはウォンテッドエリアへ移動*1の他、Survival Guide飛ぶこともできる。

詳細は【ウォンテッド】を参照のこと。

特徴

コンテンツレベル145に相当するモンスター
制限時間は他のウォンテッドとは違い30分となる。

Tumult Lamp 8体とTumult Curator4体がセットでポップし、それらを倒すと次の順の同名別種族モンスターポップしていく。
順々に倒し最後のドゥエルグ族を倒す事が目標となる。

  1. POP直後はドゥエルグ族で、「ヘルスナップ」を使用後に消滅。

  2. 以下全てのチャリオット族が同時ポップする。
    撃破するとドゥエルグ族に戻り「カックル」「ヘルスナップ」を使用後次の形態に変身する。
    形状Tumult Lamp
    Armored Chariotギア族(単体)×2
    Battleclad Chariotギア族(単体)×2
    Long-Armed Chariotギア族(単体)×2
    Long-Bowed Chariotギア族(単体)×2
    一匹ずつキープ役から引き抜いての戦闘が主になる。キープ役が魅了されると戦線が崩壊するためLong-Armed Chariotからの戦闘を勧める。Battleclad Chariotディスコイドは10000ダメージの頭割りとなっている。雑魚は対応する中ボスを撃破すると順次消滅する。

  3. 2項の全てを撃破後は獣人拠点の長が同時ポップする。
    撃破するとドゥエルグ族に戻り「カックル」「ヘルスナップ」を使用後別の長に変身する。
    形状Tumult Lamp
    Gulool Ja Jaマムージャ族×2
    Gurfurlur the Menacingトロール族×2
    Medusaラミア族×2
    各中ボスの特徴は獣人王と同一。一匹ずつキープ役から引き抜いての戦闘が主になる。雑魚は対応する中ボスを撃破すると順次消滅する。

  4. 3項の全てを撃破後はアトルガンHNMの全てが同時ポップする。
    撃破するとドゥエルグ族に戻り「カックル」「ヘルスナップ」を使用後別のHNMに変身する。
    形状Tumult Lamp
    Cerberusボム族(ビッグボム)×2
    Hydraドラゴン族ダハク)×2
    Khimairaプーク族×2
    特徴はウォンテッドのものと同一で原産種のHNMとは異なる。今までの中ボス達と比較すると特殊技の範囲が異様に広いため、キープ役から大きく引き離そう。雑魚は対応する中ボスを撃破すると順次消滅する。

  5. 4項の全てを撃破後にドゥエルグ族で登場し直後に「鮮血の饗宴」を使用する。これを撃破することでようやく勝利となる。
    形状Tumult Lamp
    ドゥエルグ族(特殊カラー)ドゥエルグ族×6
    雑魚の範囲攻撃が激しいため、雑魚はキープしボスから引き離そう。
    ボスのHPが25%減るごとと、残り数ミリになった時の計4回アストラルフロウ(6属性神獣フェンリルディアボロス)を使用する。
    ダメージカットだけではイージスでもなければまず生き残れないため、魔導剣士ワンフォアオールを駆使してダメージを抑える戦法が主流となる*2

これらの中ボスモンスターは同時に存在している時、プレアデスレイ産石のダンス等の主要TP技を(数秒間のラグはあるものの)タイミングを併せて撃ってくる。
Pandemonium Wardenは各NMを撃破したあとドゥエルグの形態に戻った際、ターゲットは最後のタゲ保持者へ向くが、Tumult CuratorPOPさせた人に向く。この為キープ役がわかせると都合がよい。

戦利品

エミネンス・レコード特別報酬としてタムルトの箱を入手する。

また、称号「キュレーター カラー」(Curator Culler:キュレーターを間引いた者)を得られる。

名称について

tumultは「騒ぎ、暴動、激情」、curatorは「学芸員、(博物館などの)館長、管理人」といった意味がある。この場合は「騒動の管理者」といったところだろうか。

curatorの読みは、タムルトの箱の説明文では「キュラーター」、称号では「キュレーター」と表記揺れが起きている。

関連項目

ウォンテッド】【ユニティ(目標)】【タムルトの箱】【Pandemonium Warden
*1
目標の受領条件を満たしていないと選択肢が出ない。もっとも、ウォンテッドエリアへ移動ワジャーム樹林に飛んだ先のすぐ近くなので、ここに飛べることによるアドバンテージはほとんどないが。
*2
再使用時間の関係で、アストラルフロウが来る度にコルセアランダムディールワイルドカードで使用可にする。あわせてパーティメンバーHPブーストダメージカット装備にしておくことが望ましい。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。